2014年12月31日

今年を振り返る

 今年一番嬉しかったのは、小説を一つ書き終えられたこと(これ→「邯鄲」
 今年一番悔しかったのは、去年から書き続けている長めの小説を書き終えられなかったこと。
 結局、小説さえ書ければ満足なんだな、私は。

 富山、福岡、大阪、京都と旅も出来たし、つくばや三浦へのお出かけも楽しかった。

 今年最も美味しかった食べ物は、京都和久傳のダシのきいた数々の料理(これ
 デパートで買った宮崎産のマンゴーも美味かった(その時の記事はこれ
 舌を肥やすための行動は全く怠りませんでした。

 つくばと三浦は妊娠中の友人に会うために行ったのですが、二人とも無事出産し安心しました。
 他にも高校時代の親友、同人活動での知り合い、好きなブロガーさんなど妊娠・出産話の多い一年だった。
 妊婦さんや小さな子どものいるお母さんはあちこちにいる訳で、彼女たちが少しでも過ごしやすくなるように、苦労を理解出来たら良いなと思う。

 細々とですが三味線も頑張りました。
 吉原雀という自分にとっては難しい曲を教わることが出来て、長唄への理解が深まった気がします。
 音をとらえる能力が低いので、下手の横好きのままなのですが。
 自分のペースでゆっくり上達していけたら良いなと。

 岡本太郎、民族学、フォークアート、釜ヶ崎芸術大学などに触れ、
「芸術は芸術家だけのものではない」
 という思いを強くした一年でもありました。
 生活と深く関わっている芸術について、今後も考えていきたい。

 具体的に何をするかというと。
 食べて、生きて、経験して、観察して、話を聞いて、空想して、文章を書きます。
 新しい年が来ても変わらないな。

 今年一年、ありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします。

 (ごーん)←除夜の鐘
posted by 柳屋文芸堂 at 01:23| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

年賀状

 年賀状、作り始めるのは早かったのに、住所とメッセージがなかなか書き終わらなくて、結局今日ポストに入れました……
 元旦には届かないと思います。ごめんなさい。
 まあでも、恒例行事が一つ終わってホッとしている。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:38| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

はがきホルダーで住所管理

 友人・知人の住所管理、前は年賀状ソフトを使ってやっていたのですが、住所変更の知らせが来るたび更新するのが面倒で、やめました。
 今は年賀状用のはがきホルダーを住所録代わりにしています。
 キングジムの差し替え可能なもの(これ

 まず届いた年賀状を五十音順に並べ、ホルダーに収納。
 「あ」「か」「さ」……とインデックスを付ける。

 住所が変わったらはがきを入れ替え。
 友人・知人が増えたらポケットを追加。
 住所管理のみだったらこれだけで良いと思う。

 私は毎年年賀状が来るたび、最新のものに交換している。
 こうすると相手の状況が分かるので、手紙を書いたりする時に便利。
 住所だけ並んでいる住所録より、見ていて楽しい。

 ちなみに現在の年賀状の進行状況は、印刷は全部済んで、宛先と一言を書いている途中。
 今年(というか来年)は、元旦に届けられると良いなぁ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:08| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

年賀状の思い出

 酉年になる直前の12月、部活の友人が焦った様子でやって来た。

「ごめん! 年賀状に自分の住所と名前を書き忘れちゃった」
「何が書いてあるの?」
「とり」
「みんな描いてるよ! 目印にならない」

 元旦、画面をめいっぱい使い、立派なニワトリの絵「だけ」が描かれた年賀状が1枚混ざっていた。
 うん、すごく、とりだね……
posted by 柳屋文芸堂 at 13:53| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

冬の良いところ

 私の三味線の先生は寒がりです。
 弟子同士で、あんな風に寒がってた、こんな風に寒がってた、と話題に出来るほど。
 冬のお稽古は必ず寒さへの嘆きで始まる。

 私「まあ、冬にも良いことはありますよ。鍋が美味しいし……」
先生「一つだけじゃん!」
 私「あとは…… あったかいココアとか……」
先生「二つだけじゃーん! 少ないっ」

 Dちゃんに抱きついて寝るのも良いよねぇ。
 ノロケは聞き飽きてると思うので(誰が相手でも、すぐDちゃんの話をしてしまう。好きなんだもん)言わなかったけど。

 冬の夜の、人の体のあたたかさ。
 熱源としての夫。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:16| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

概念だけじゃダメですか?

 サンタクロースがいる・いない、という話をする前に、
「いる・いない」つまり「存在する・存在しない」
 というのがどういうことなのか、もっと考えるべきなんじゃなかろうか。

 地震は存在するだろうか?
 もちろん存在する。死者を出すほどに。
 しかし今、地震と会いたい! と思っても、都合よく会えるものじゃない。
 揺れている間だって、巨大な「地震さん」がどしどし歩きまわる姿を見たりしない。

 風は存在するだろうか?
 確かに洗濯物は揺れている。
 しかし私たちが見ているのは洗濯物であって風そのものではない。

 サンタクロースは存在するだろうか?
 もちろん24日の夜に煙突から入ってきたりはしない(まず煙突が無いしな)
 しかし子を持つ親たちはみな「サンタクロース的行為」をせねばと駆り立てられる。

 サンタクロースという概念がこの世に存在していなかったら、こんな風に動かされることもないだろう。
 概念がそこにあり、その影響を受けるものがあるなら、それは「存在する」と言っても良いんじゃなかろうか。
 物質じゃないとダメですかね?
posted by 柳屋文芸堂 at 00:21| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

梅雨の楽しみ

 この台風が梅雨前線を持っていっちゃって梅雨明け、になるのかなー
 と思っていたら、そうでもないみたいですね。

 梅雨は洗濯物が乾かないし、水回りがカビやすくなるし、主婦として見るとイヤな季節なのですが、家事から離れるとけっこう好き。
 青空の美しさは雲の形の美しさだと思っていて、梅雨の間はたいてい空に雲がある。

 分厚い大きな雲の間からのぞく青。
 雲の間からまっすぐに伸びる光。

 傘に当たる雨の音も良い。
 残り少ない梅雨を楽しみましょうね。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:17| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

晴れた5月の休日

 今日はDちゃんと近所の公園でバドミントンをして、
 ケーキ屋に寄り、
 ラーメン屋で冷やし中華を食べて、
(餃子に辛いニラを載せて一緒に食べたらメチャクチャ美味しかった!)
 帰宅後、ケーキ屋で買ったミルフィーユを食べた。

 ……消費カロリーより摂取したカロリーの方が明らかに多いな。
 でも楽しかった♪

 バドミントンをしている時、Dちゃんはすごく良い笑顔になるのだ。
 私のことが可愛くて仕方ないのね。
(単にバドミントン好きなだけかも)

R0025758.JPG
↑公園のシロツメクサ

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 19:11| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

エイプリルフール

 という訳で、下の記事の「完成」はウソです。
 まだ書いてます。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:59| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

エアコン笠地蔵

 うちのマンションの隣の建物には、エアコンの室外機が7つほど並んで付いている。
 何の変哲もない室外機だけど、上にこんもり雪が積もると、唐突に地蔵っぽく見えるので面白い。
 大きさがバラバラだからそう感じるんだろうな。
 雪をはらって笠をかぶせないと…… という気持ちになる。

 ささやかな物語の気配。
 雪が溶けて消えて、室外機はただの工業製品に戻ってしまった。
 あーあ。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:30| 季節 | 更新情報をチェックする