2012年08月18日

住友スリーエムあたりに

 付箋紙として就職出来そうなほど、体がベタベタしている。
「どうせすぐ汗だくになるんだし」
 と思うと、風呂に入るのも億劫だ。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:45| 季節 | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

また夏がめぐってきたよ

 夏バテでヘロヘロしてます。
 去年の今頃も、伯母(小)の葬式やら何やらで疲れた上に暑さが重なって、夏バテになってたなー

 亡くなってしばらくは、伯母(小)の夢をよく見ました。
「おかえりー!」
 と言って抱きしめたり。
 現実にはもういないのに、頭の中ではまだ生きているような、不思議な混乱があった。

 それはいつも、幸せな夢でした。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:30| 季節 | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

夕張メロン

【前回までのあらすじ】
 駅のポスターで見かけた夕張夫妻に心打たれたのり子は、
「毎年夏になったら夕張メロンを食べよう!」
 と決意したのでした(その時の記事はこれ

 夕張メロンの食べ過ぎで、夕張夫妻みたいに貧乏になったって構わない。
 この世界で輝いているのは、美食と愛だけだもの……
 ちなみに夕張夫妻の歌はこちら

 という訳で、今年も夕張メロンを食べましたよ〜♪
 JA夕張市ネットショップで取り寄せました。
 やっぱり美味い〜
 芳醇という言葉がぴったり。
 果物なのに、手間かけて作ったデザートみたいな味。
 
 夕張メロンってあんまりお店で見かけないんだけど、自分で買って理由がよく分かった。
 置いておくと、緑色だった皮がオレンジがかって、見る見るうちに熟れちゃうのだ。
 安いものじゃないし、仕入れるのが怖いよね。
 ネット通販がぴったりの商品だと思う。

「夕張メロン味の○○」
 も悪くないけど、やっぱり本物は最高よ。
 一年に一度くらい買ったってバチ当たらないわ。
 と言いつつ、この夏もう一回くらい買っちゃうかも。
 うひょひょ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:49| 季節 | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

尺取られた!

 ゴールデンウィークの思い出。
 と言っても大したことはしてません。
 天候がいまいちだったのもあって、寝正月ならぬ寝ゴールデンウィークでした。
 サイクリングに行きたいー なんて始まる前には思ってたんだが。
 でも一応、楽しいこともありました。

 まず、古い友人二人に会えた。
 一人には急に呼び出され、もう一人は私が急に呼び出した。
「あーそーぼ!」
 のノリだ。35歳だが。
 しかし子供や親や仕事の都合で予定の定まらないこの歳だからこそ、突然の誘いが案外有効なのかもしれない。

 あとは、Dちゃんが尺取られた。
 Dちゃんの実家へ行った帰り、お義母さんの車に乗っていたら、窓の外側に5ミリくらいの小さな尺取り虫がいた。
「窓の内側じゃなくて良かったよ」
「風に飛ばされないかなー」
 なんて言っていたら、
「うわっ」
 叫ぶD。その視線の先には…… ズボンを尺取る尺取り虫が!

 大きさは、太さ2ミリ、長さ3センチほど。
 ひざから太ももまで、盛大に尺取られていた。
 カードに載せて窓の外側にくっつけると、窓を尺取る、尺取る。
 でも風に吹かれて飛ばされた! と思いきや、はっしとガラスにつかまる。
 ハタハタハタ…… とはためきつつ、じわじわ前進。

 その様子が、アクション映画そっくりで目が離せなかった。
 尺取らずにじっとしていた方が安全なのに……
 どんな場所でも尺取らずにはいられない尺取り虫なのだった。

 Wikipediaで調べてみたら、
「全身の長さをシャクトリムシに測り切られると死ぬ」
 という言い伝えがあるそうです。
 なんか別の意味で死ぬよ、その状況。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:41| 季節 | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

ゴールデンウィーク?

 てっきりゴールデンウィークは来週から、と思い込んでいたので、ラジオから流れるラッシュや渋滞のニュースを聞いて焦っている。
 一人、社会から取り残されている気分。

 最初、旅行の予定があったのですが、諸事情あってちょっと遅らせることに。
 GWは日帰りで行きたいところがいくつかあるけど、基本的に大きな移動はしないつもり。
 Dちゃんも仕事に行っちゃうし、つまらんのう。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:00| 季節 | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

R0025123.JPG

 ソメイヨシノじゃないけど、たぶん桜。
 近所で満開でした。
 暴風雨の直前に撮影。
 もう散っちゃったかな……

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:16| 季節 | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

咳と雪

 昨日から咳がひどくてつらい。
 ネットをぶらぶら見たりしてごまかしているうち、少し良くなった、ような。
 雪は一向に止まず。ベランダにも積もり始めた。
 昼になっても雪が溶けないのって珍しいな。
posted by 柳屋文芸堂 at 12:00| 季節 | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

今年の抱負

 今年の抱負は、
「言い訳をしない」
  です。

「家事が大変、介護が大変、体調が……」
 などとつい言いたくなってしまうのですが、大変なのはみんな一緒。
 自分の怠惰さをしっかり見つめ、的確に鞭を打っていきたいです。

 大好きなブログ「空中キャンプ」に「見る/見ない」という記事がある(これ
「何を見ないか、何を捨てるか、自分なりにテーマを決めて、情報の取捨選択をうまくやった方がいい」
 あれも、これもと色んなことに手をつけてどれも中途半端になってしまう私にとって、耳の痛い言葉。

 もう35歳なのだし、これからは、
「文章書きと読書」
 を最優先にして、他はどうしてもやりたい事だけ、厳選していこうかな、と。

 ぼやっとしていると、あっという間におばあさんになってしまいそうだから。
posted by 柳屋文芸堂 at 20:57| 季節 | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

今年のまとめ

 明日は雑煮の準備で書き込めないかもしれないので、今日のうちに今年のまとめを。
 みなさん同じ思いでしょうが、無茶苦茶でしたねぇ。

 テーブルの脚をつかんで揺れが治まるのを待っていたあの日
 まさかその後原発事故が起こるなんて
 さらに自分の住んでいる地区が特別ひどく汚染されるなんて
 その結果自分が引っ越すことになるなんて
 全っ然、予想出来なかった。

 一番怖かったのは、水道水のセシウムが基準値を超えた時。
「乳幼児に飲ませないように」
 という放送が市内に流れた。
 そんなこと言われても、スーパーのミネラルウォーターは売り切れている。
 子どものいる人たちはどうしているんだろう…… と思っていると、乳幼児のいる家庭にだけ市役所が水を配布するという。

 ホッとした、のもつかの間。
 基準値の方がガッと引き上げられて、水道水は「安全」ということになった。
 市役所の水の配布も即座に終了。
 あの…… セシウムの量は変わってないんですけど?

 ジョージ・オーウェル「1984年」の世界がまさにここに……!!
 体制側は、本当に危険か安全かなんてどうでもいいのね。
 現状に合わせて簡単に基準を変えてしまうのだ。
 食品添加物や農薬や排気ガスの基準値だって、どれだけ信頼出来るのか知れたもんじゃない。

 「今を全力で楽しむ」以外に、何の対策もないんだわ。
 と悟った。

 7月に伯母(小)を亡くして、いよいよ諸行無常を感じ、その時読んだ、
「おくのほそ道」
 が沁みること沁みること。

 今年私の心を支えてくれたのは、困難な時代を生きたオーウェルと、無常に美を見出した芭蕉でした。
 どちらも世界の残酷さを冷徹に見つめているのに、決してネガティブではない。

 震災後開き直って、鳥取に行ったり、香川に行ったり、写真教室に通ったり、三味線の発表会に出たり、即売会で本を売ったり、楽しく過ごせたのが良かったです。
 伯母(小)のことや引っ越しで忙しかった割に、色々出来たかな、と。
 文章書きがちょっと不満。
 今年書き終えた小説、一つもないもの。

 来年はもう少し小説に力を注ぎたいですね。
 目指せ「脱・下手の横好き」!!

 あ、書いているうちに大晦日になってしまった。
 ちょうどいいや〜
posted by 柳屋文芸堂 at 00:18| 季節 | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

クリスマス解禁日

 私はクリスマス前の街の雰囲気が嫌いだ。
 ……と思っていたけど、よく考えたら前はこんなじゃなかった。
 何しろクリスマスは私の誕生日だし、冬の、あたたかい飲み物が美味しくなる感じとか、外が寒いからこそ家の中がほかほかと幸せになる感じとか、大好きだ。
 基本的に素敵な季節だと思う。
 
 いつからクリスマス前が嫌いになったのかな…… と考えて、あっ、と思った。
 「クリスマス前」が長くなってからだ。
 「クリスマスの開始時期」って、絶対早まってますよね。
 私が子どもの頃は、12月の後半になってからケーキだ、プレゼントだと騒ぎ始めた気がする。

 10月にハロウィンをやって、じゃあ11月からクリスマスね。
 となったあたりからおかしくなったのだ。
 11月1日から12月25日まで、二ヶ月間もクリスマスやってたらそりゃ飽きるよ。

 就職活動みたいに、クリスマスにも「解禁日」を設けたらどうか。
 スーパーでクリスマス・ソングをかけ始めるのも、レストランにクリスマス・ツリーを飾るのも、12月15日の後じゃなきゃダメ!
 ということにしたい。私の希望。

 クリスマスの雰囲気は、10日間くらいやるのがちょうどいいと思うよ。
 そうじゃないと「特別」な季節じゃなくなっちゃう。
 二ヶ月毎日ブッシュ・ド・ノエル、みたいな冬はもうイヤだー!!
posted by 柳屋文芸堂 at 00:21| 季節 | 更新情報をチェックする