2010年10月10日

今日は一日“浜松アーカイブス”三昧(クラシック編)

 12時半くらいだったろうか。
 ハッと気付き、私は皿洗いをしながら足の親指でラジオをつけた。
(手がふさがっていても操作出来る位置にばっちり設置してあるのである)

 危ねぇ〜
 「今日は一日“浜松アーカイブス”三昧」を聴き忘れるところだったー!
 思い出して良かったよ。

 「浜松アーカイブス」というのは、NHK浜松支局に保管されているアナログレコードのこと。
 ちょっとくぐもった、たまにヨレッとする音楽がバンバンかかってますよ。
 セピア色の音色というのでしょうか。
 ついつい乙女チックな表現をしてしまうほどステキ。

 「タイスの瞑想曲」「双頭の鷲の下に」等々、吹奏楽部で演奏したことのある曲が流れるたび、わーっと声をあげてしまう。
 司会の矢口清治さんも好きなんだ♪
 天気はいまいちだけど、今日一日これを聴きながら頑張れそうです。

 NHK-FM(東京だと82.5MHz)で12:15〜23:00までやってます。
 (途中中断あり。公式サイトは→こちら

 古風な音が好きな人はぜひどうぞ!
posted by 柳屋文芸堂 at 14:41| ラジオ | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

いいのかよ

 こんな生き方で良いのかな……
 と悩む時、脳内カビラが、
「いいんです!」
 と叫ぶ。

 本当に良いのかな……?

 いいんです!
posted by 柳屋文芸堂 at 22:17| ラジオ | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

OZ MEETS JAZZ

私「ジャズに詳しくなりたいんだけど、なかなかなれなくて」
D「ジャズに詳しくなるために、のりはどんな努力をしているの?」
私「……何もしてない」

 それじゃあしょうがないよね、と初めて気付いた(←バカ)

私「『OZ MEETS JAZZ』とか、ラジオでジャズを聴いたりはするけど…… やっぱり自分でCDを買わないとダメかな? 選び方が分からなくてさ〜 SFにおける『今日の早川さん』みたいなのが、ジャズにもあればいいのにー」
D「まさしく『OZ MEETS JAZZ』がそれに当たるんじゃないの?」
私「そっか!」

 『OZ MEETS JAZZ』はJ-WAVE(81.3MHz)の番組で、土曜の21:00〜21:54にやっています。
 選曲がすごく良いと思うの!
 ただボケーっと聴いてるだけじゃなく、
「素敵だなぁ」
 と思ったら、曲名や演奏者をチェックして、知識を深めていかないとね。

 司会の小曽根真のおしゃべりも楽しいし、おすすめです♪
posted by 柳屋文芸堂 at 21:28| ラジオ | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

今日は一日“フュージョン”三昧

 NHK-FM(東京だと82.5MHz)で12:15〜23:00まで、
「今日は一日“フュージョン”三昧」
 という番組を放送しています。
(途中中断あり。公式サイトは→こちら

 「フュージョン」というのがどんな音楽なのかよく分かりませんが、さっぱりした気持ちの良い曲がいっぱい流れてます。
 夏の午後、家事をしながら聴くのにぴったり♪

 ジャズとポップスの間くらいな感じ……?
 基本的に楽器だけの演奏なのかな……?
 無知ですみません。

 司会のルーシー・ケントの明るい声も好きなので、それも嬉しい。
 暑い一日をさわやかに乗り切りたい方は、ぜひどうぞ。
posted by 柳屋文芸堂 at 15:02| ラジオ | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

電子書籍

 J-WAVEの「JAM THE WORLD」という番組で、電子書籍を取り上げていた。
 出演者みんなで、
「紙の質感が良い!」
「匂いが良い!」
 と電子じゃない方の「本」を絶賛していて、
「けっこう『本』という形を愛している人って多いんだな〜」
 と、微笑ましいような、不思議な気持ちになりました。

 本の感想を書くことが多いので、意外に思うかもしれませんが、私は「本」にこだわりがありません。
 私が好きなのは「本」ではなく「言葉」
 そして「言葉」というのは「音」として口から発せられている状態が基本だと考えているのです。
 言わば音楽。文字は楽譜。
 別に楽譜が何に印刷されていても、使いやすければいいんじゃない? というのが、私の電子書籍に対する考え。

 問題はこの「使いやすさ」だよね。
 少なくともパソコンや携帯は、長文を読むのに全然向いてない。
 専用端末はどれくらい工夫されているのだろうか。

 特に気になるのは、
「あの話はどこにあったっけ?」
 と紙をパラパラして、目的のページを見つける動作。
 ネットで発表されて、その後、本になった作品を見てみると、
「じりラブ」とか「写真がもっと好きになる。」とか「今日の早川さん」とか)
 本になった情報の方が、ず〜っと扱いやすいのを感じる。

 単語で検索するなら、電子の方が早いのだけど。
 けっこうやるもんですよ、パラパラ。
 どんどん突き進むだけで後ろを振り返ったりしない、という読書をする人は困らないのかも。

 もしパラパラ問題等が解決して、本と同じくらい便利な端末が出て来たら、長編漫画を電子書籍で読みたいなぁ。
 漫画って場所取るんだもん。
 あと、積ん読を積んで置かなくて済む!
 とりあえず買ったデータを溜めちゃうのでしょうか。
 何にせよ、読める分だけ買いましょう>自分
posted by 柳屋文芸堂 at 02:39| ラジオ | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

カビラ兄弟

 サッカーに興味はないけれど、カビラ兄弟(ジョン・カビラ&川平慈英)が嬉しそうだから、私も嬉しい。
 カビラの幸せが私の幸せ。
posted by 柳屋文芸堂 at 16:29| ラジオ | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

Vento d'Italia

 J-WAVE(FM 81.3)の「Vento d'Italia」という番組が大好きです。
 放送は、土曜日の13:50〜13:55
 短い時間にイタリアの話題がギュッと詰まっている。
 どの話も美味しそうで、美しくて……

 聴くたびに、
「イタリア行きてぇ〜!!!」
 と叫んでしまいます。

 南イタリアのプーリア州でしか作られておらず、さらに製造されてから24時間〜48時間に食べるのがベスト、なチーズなんて紹介しないでー!
 行かなきゃ食べらんないじゃーん!!

 熟成させないチーズは、遠くに運ぶと味が別物のように落ちるのです。
 カンパーニアの工場で食べたモッツァレラは天国の食べ物のように美味だったけど、ローマのモッツァレラはまあまあだった。
 イタリア国内の移動でさえ無理なのだから、輸出したものなんて論外。

 あああ、プーリア州のチーズ、ブラータ!!
「いちばんの楽しみ方は、プーリア産のエクストラヴァージンオイルをかけるだけ」
 って……
 アンドレア・ポンピリオの意地悪っ

 公式サイトはこちらです。
 チーズの話題はBACK NUMBERの2009.10.31にあります。
 うう、じゅるるるる〜
posted by 柳屋文芸堂 at 12:48| ラジオ | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

ダーウィンは見た?

 NHKの「ダーウィンが来た!」という番組を毎週楽しみにしているのですが(動物大好き♪)
 私はこの題名をずっと「ダーウィンは見た!」だと勘違いしていました。
 市原悦子かよ。
 質問役の「ヒゲじい」も「ヒデじい」だと思っていた。執事ですか。
 日本語リスニング力、低過ぎ。

 そんな間違いがあっても、テレビ番組をラジオで楽しむのはなかなか面白いものです。
 言葉から映像を想像するのがね。

 「日曜美術館」(これも毎週聴いてる)なんて、作品の解説に感動して実物を見に行ったら、イマイチでがっかり、ということまであった。

「頭ん中でやるのにはかなわねぇよ」(「ぼのぼの」アライグマのオヤジのセリフ)

 これだけ楽しんでおきながら、NHKの受信料を払ってないのが申し訳ない。
 テレビを持っている人だけに課せられる仕組みなのよね。
 ラジオだけ、という料金があれば払うのになぁ。
posted by 柳屋文芸堂 at 10:37| ラジオ | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

あけましておめでとうございます

 下の記事を書いている間に年が明けちゃったよ。
 ラジオで「残酷な天使のテーゼ」がかかってる〜♪
posted by 柳屋文芸堂 at 00:15| ラジオ | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

雨の日の喜び

 雨の日には、三味線音楽がよく合います。
 一番ぴったりなのは小唄だけど、音源を少ししか持っていないので、とりあえず手持ちの長唄MDを順番にかけていく。
 NHK-FM「邦楽のひととき」を録音したもの。毎週火曜日は長唄なのです。
 小唄はたまーにしかやってくれないんだよね〜 しっとりしてて、好きなのになぁ。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:48| ラジオ | 更新情報をチェックする