2012年06月22日

ぶちまけた

 デパートにあるカフェ……というかイートインみたいな所で、コーヒーをぶちまけました。
 失敗して初めて、
「ああ、私、疲れてるんだなー」
 と気付く。

 母の検査結果がイマイチで、
「もう歳なんだから仕方ない」
 と頭では分かっているのに、心はついていってないみたいだ。
 けっこうショックだったのね。

 お店の名前を調べたら、
「ガーデンカフェ西武池袋店」
 だそうです。

 拭いてもらったり、店員さんにさんざん迷惑かけた後、2杯分払うつもりで、
「同じのもう1杯ください」
 と頼んだのだけど、お金を1杯分しか受け取ってくれませんでした。

 ああ〜 ごめんなさい、ごめんなさい。
 今度、ワッフル食べに行きます……
posted by 柳屋文芸堂 at 00:24| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

マリアージュ フレール

 最近、マリアージュ フレールで紅茶を買うことが多い(三味線のお稽古の帰り道にあるので)
 いつも男性店員ばかりなので不思議に思い、半分冗談で、
「この店は男性店員限定って決まっているんですか?」
 と尋ねてみた。

店員「そうです」
 私「マジっすか?!」
店員「興奮します?」
 私「しねーよ!!」

 マダム(=私のことだ)相手だからって、その会話の流れはどうなんだ。

店員「ずいぶんテンションが上がったようだったので……」

 店員さんによると、本店のあるフランスでは「男性が接客することが、高級店である証拠」という考え方があり、マリアージュ フレールの店員は全員男性であるとのこと。
 接客をしない部署(事務とか)では女性も働いているそうです。
 うーん、社員全員男性なら萩尾望都とか竹宮惠子の世界みたいだったのになー
 残念。

 それにしても、行くたび男しかいないと、ホストクラブに通っているような妙な気分になります。
 適当に男女混ぜて欲しいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:42| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

福来純 梅みりん

 白扇酒造の「福来純 梅みりん」というのを買ってみました。
 氷をいっぱいにしたガラスのお猪口に、とろとろとろ、と注ぐ。
 普通の梅酒より濃厚で、ちょっと紹興酒に似た印象。

 これを揚げたての春巻きと一緒に飲んだら、美味しいー!!
 メチャクチャ合うー!!
 濃いめの味が、春巻きの油と中華風ハーモニー。
 素晴らしいっ
posted by 柳屋文芸堂 at 02:02| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

ロシアンティー

 ジャム入り紅茶を「ロシアンティー」と呼ぶのは日本の勝手な勘違いで、ロシア人はそんな飲み方しない、というのはよく聞く話。
 スパゲティナポリタンみたいなもんですな。
 ウィキペディアによると、ロシア人はジャムを紅茶に入れるのではなく、ジャムを「舐めながら」紅茶を飲む、とのこと。
 ジャムと紅茶を合わせるのに変わりはないのだから、それほど「大間違い」でもないのね。

 私はこのロシアンティー(ジャム入り紅茶。舐めません)がけっこう好きで、旬のウバ紅茶が手に入ると必ずやります。
 あのミントっぽい香りとさわやかな苦味が、ジャムに合うと思うのよ。
(前は「サロメチール香」いう説明が付いていたけど、湿布薬の臭いを連想させて印象が悪いと思ったのか、消えましたね)

 いつもいちごのジャムを使います。あまおうとか。
 ロシア料理屋「マトリョーシカ」の特製ジャムがあれば最高!
 いちごジャムに蜂蜜と赤ワインが入ってるんだよね〜
 字を見てるだけでヨダレが出てくるわ。

 檀一雄もロシアンティーについて書いていたような。
 紅茶のためにロシア人たちがジャムを手作りする話。
 私もそうですが、美味しい飲み物を得るために、みな努力を惜しまないよね。
「生きるためにどうしても必要なもの」
 ではないのに。

 食べ物は体が食べているけど、飲み物は心が飲んでいる。
 そんな気がする。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:36| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

フルトマ原液

 池トマトの「フルトマ原液」というトマトジュースを買ってみました。
 これがすごい。
 「スゴイダイズ」を初めて飲んだ時、つい、
「すごい!大豆!!」
 と叫んでしまったのですが(そのまんまじゃないか!)
 このフルトマ原液は、
「すごい!トマト!!」
 トマトジュースと言うより、トマトピューレーみたいだ。

 Dちゃんは、
「喉が乾いてるのに、これじゃ飲めない……」
 と、水で薄めて飲んでいました。
 
 溶けるチーズを載せてレンジでチンするだけで、立派なトマトスープになりそうです。
posted by 柳屋文芸堂 at 09:49| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

しょっぱいラッシー

 また暑さが戻って来ちゃいましたね〜
 汗をかいたら「しょっぱいラッシー」を作って飲みます。

1、コップの1/3くらいまでプレーンヨーグルトを入れます。
2、塩小さじ1/2ほどを加え、なめらかになるまで混ぜます。
3、コップの2/3のところまで水を入れ、均一になるまで混ぜます。
4、コップの上のところまで水を入れ、また均一になるまで混ぜます。
5、クミンの粉をかけていただきます。

 美味しい!!
 と全員が思うかは不明。
 しょっぱいヨーグルトに抵抗がある人もいるかも……
 私は大好きです。

 甘くする場合は、塩をメープルシロップに。
 これなら文句無いだろう!!
 ふははははは
 ……って威張ってもしょうがないな。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:34| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

簡単白酒

 大変だ! ひな祭りが終わってしまう!!
 前に紹介した「反政府カクテル」を白酒代わりに飲むと楽しいと思うの!
 みりん:牛乳=1:1
 で混ぜるだけです。
 美味しい古式本みりんを使ってね♪

 今うちにある白扇酒造の本みりんは、猛烈にウマいです。
 そのままちびりちびり飲むと、うっとりしちゃう。
 蜂蜜よりも深い味。

 最近、みりんマニアになりつつあります。
 あちこちで買い集めては……
 うめーっ
posted by 柳屋文芸堂 at 23:53| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

反政府カクテル

 下の記事を書いた後で、ふと、
「みりんでカクテル的なものを作れば、酒税の低いお酒が飲めるのではないか?」
 と思いつき、みりんを牛乳で割って飲んでみた(1対1の割合)
 すると……
 美味しいー!!
 白酒みたいな。カルーアミルクみたいな。
 甘ーい。太りそう。

「払う税金はなるべく少なくしたい」
 と考えている酒好きの方は、ぜひお試しを。
 国民全員がみりんばかり飲むようになったらどうしよう。

 ちなみに我が家では、馬場本店の最上白味醂を使っています。
 これ自体そんなに安くないので、家計の節約にはなってないです。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:17| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

酒税

 酒税って変だよね……(一覧表はこちら※pdfです)
 特に納得いかないのが、ビール。
 何でこんなに税率が高いんだろう?
 麦芽比率が低くなると税率が下がる意味も分からない。

 合成清酒の税率も、清酒より安くなっている。
 昔からの製法を守っている方が負担が大きくなるなんて、おかしい。
 他の伝統文化は税金を使って保護したりするのに。

 お酒を文化とは考えていないのかな?
 旅行者は、その国独自のお酒を楽しみにしていると思うのだけど。
 そういうのって、文化でしょう。

 たぶん、お酒は嗜好品だから、
「高級なものほど税率を高くする」
 という考え方があるのだろう。
 これからは、
「体に悪いものに税をかける」
 というやり方に変えて、アルコール度数だけで税率を決めた方が良いんじゃないか。
 新しい種類のお酒が出てくるたびに大騒ぎしなくて済むし。

 しかし一つ問題がある。
 現在、みりんの税率がとても安く抑えられているんだよね。
 上に書いた方式になったら、値上げされてしまう〜
 主婦としてはつらい。

 それでもやっぱり、今の酒税は変だと思うんだ。
 美味しいお酒を作っている人たちを守る形に、どうにか変えられないだろうか。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:28| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

もやしもん日本酒

 近所のショッピングセンターで「もやしもん」のイラストの入った日本酒を見つけました。
 原作の漫画ではなく、ドラマ版とのコラボということで、正直、
「ただキャラを借りてきただけの、美味しくないお酒だったりして……」
 と少々疑いながら購入しました。
 私たちの大好きな生原酒じゃないしね。

 しかし! 一口飲んでみると!!
 香りが良くて美味しいんだわ〜
 ネットで調べてみたら、天寿酒造という蔵元が本気出して作ったお酒みたいです(情報はこちら
 もやしもん2巻に出てくる「東京農大花酵母」が使われています。

R0023490.JPG

R0023492.JPG

R0023491.JPG

 限定商品らしいので、偶然見つけられてラッキーだったなぁ。
 火入れしていてもこんな味が出るんだ。
 日本酒の世界は本当に奥が深いです。
 探求するのが楽しいねぇ♪
posted by 柳屋文芸堂 at 00:02| 飲み物 | 更新情報をチェックする