2017年10月21日

今回の衆院選で私が望むこと

 国会議員は、
「今の日本で起きている問題を、言葉を使って明確化出来る人」
 になって欲しい。

 国会では、
「感情的でない、冷静で論理的な議論」
 をして欲しい。

 今回、というよりいつも望んでいること。
「包丁を使える人がいる寿司屋に行きたい」
 くらいの希望なんですけどね……

 何故、言葉を使って問題を明確化出来る国会議員が少ないか。
 日本には「物事を曖昧にすることで、対立を避ける文化」があるからです。

 日常生活ではそれもある程度、意味のあることなのかもしれない。
 しかしそれを政治の世界に持ち込むと、何が問題なのかもはっきりしないまま、国民は静かに不幸にさせられてゆく。
 自分の不幸が何のせいなのかも分からずに、イライラと日々を送り、周囲の人の元気まで奪う。

 私は諦めていた。
 日本人は弁の立つ人に抵抗感を持ち、選挙でも選ばない。
「政治家を口下手にするシステム」なんて記事を書いたこともあります)
 マスコミは本質的でない揚げ足取りに夢中で、議員たちも「揚げ足を取られないための言葉遣い」だけ上達させる。

 しかし今回、政局のドタバタから枝野幸男が立憲民主党を立ち上げ、各地で支持を集めているのを見て、
「ああ、日本人が弁の立つ人を愛することもあるんだ」
 と、ほんの少し希望のようなものを持った。

 もちろん枝野さんが支持されたのは色んな要素の絡まり合いだろう。
 しかし、彼の人気急上昇っぷりを見て、他の国会議員も言葉の使い方を変えてゆくかもしれない。
 ちゃんと、良いところをまねして欲しいなと思う。
 まねし始めたら巧くなるのが早いのも、日本人の特徴だ。

 私は日本人なのに、まるで見知らぬ国に派遣された文化人類学者のように、日本人に驚いてばかりいる。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 11:11| 社会 | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

ネガティブ・キャンペーン

私「ネガティブ・キャンペーンって、日本ではあまりやらない印象があったのだけど、今回の選挙ではあちこちで見かける。いつの間にか解禁されてたんだねぇ」
D「日本でネガティブ・キャンペーンをやると『品がない』と思われてかえって不利になるから」
私「『品がない』!! あったね、そんな価値観!! すっかり忘れてたー!!」

 私も品位を失った日本人の一人なので、ネガティブ・キャンペーンをします。
「今回の衆院選、自民党には入れません」
 トランプと北朝鮮が子供のケンカみたいなことをしている真っ最中に選挙、ってのんき過ぎるだろ……?

 まあ子供のケンカが終わるのを待っていたらいつまでも選挙なんて出来ないだろうけど、もうちょっとマシな時期だってあるはず。
 二国間の対立を自分の選挙に利用しようとしているのが見え見えで、安倍さんにとって戦争は「概念」でしかないんだな、とため息が出る。

 そのこと以上に私が胸を痛めているのは、この選挙の性急さ。
 準備期間の短さにより、各地で混乱が起きていて(海外からの郵便投票が日程的にギリギリ、区割り変更の周知が間に合わない、等)選挙関連のお仕事をされている方々には、予定になかった時間外労働・休日出勤が多く発生しているはず。
 このバタバタな状況そのものが、安倍政権の勝手さを表している。

 私がちょっと不思議に感じているのは、安倍さん以外の自民党の元議員たち。
 「自民党政権」というより「安倍政権」になっている今の状況を、どう感じているのだろう。

 まあとにかく、寒い日々が続きますので、選挙関連のお仕事をされている皆様は、風邪などひかないよう気をつけてくださいね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:15| 社会 | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

障害者施設で起きた事件について

 私は全盲の伯母に育てられました。
 障害者施設で起きた事件にショックを受けている障害者や障害者の家族が多くいるのではないかと心配しています。

 障害者、もっと広くとらえて、
「多数派とは違う心身を持つ者」
 は、周囲の人々に多くのことを教えてくれます。

 私は伯母の見えない目を通して、世界の見方を覚えました。
 伯母のいない家で育った自分を想像出来ません。

 多数派と違う心身を持つ者は、否定されるような存在ではありません。
 もしそこから何かを学べなかったとしたら、それは多数派に属する人間の側に学ぶ力が無かったというだけのことです。

 事件の全容が明らかにならないうちに発言するのは危ういことだと分かっていますが、このニュースが流れるたびに傷付く人がきっといるだろうと思い、我慢出来ませんでした。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 11:18| 社会 | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

景気ウォッチャー

 スーパーの店員さん2人が野菜売り場で、
「最近、もやしばっかり売れるんだよね〜」
 と話していた。

 もやしは野菜の中でかなり(一番?)低価格な商品。
 それが売れているということは、やっぱり不景気なのかな。

 なんてことを思いつつ、昨日は我が家ももやし炒めでした。
 みそと豆板醤でピリ辛に味を付けると美味しいよね〜♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:43| 社会 | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

反政府活動「ダラダラ」

 ただでさえクタクタに疲れている日本人をさらにヘトヘトにしそうな政策、
「一億総活躍社会の実現」
 に抵抗するため、反政府活動「ダラダラ」を行うことにした!

 1月5日になっても年賀状は一文字も書かない!(ほんとすみません>友人たち)
 すでに読み終えた本を取り出してきてパラパラ眺めているうちに1時間過ぎる!(よくある)
 夕飯を作らなければいけないのにポテトチップ(のり塩味)を食べ始める!(腹減ってんだ)
 ついつい1袋食べ切ってしまい(食べ過ぎ)
 満腹になってボーッとする!(夕飯はいつ出来るんだ)

 これは日本人(主に自分)を守るための戦いです。
 何があろうと絶対に活躍なんてしてやりません。
 死力を尽くして床にへばりつき、全力でダラダラします!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 01:15| 社会 | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

おじさんの楽園

「実際に物を買っている消費者は女性であることが多いのだから、
 会社内でも、売れる物が分かる女性にもっと決定権を持たせたら良いのに」

 とDちゃんに言ったら、

「おじさんに夢を与えて、おじさんの夢をかなえるのはおじさんだから、
 会社が男性中心なのはなかなか変わらないと思うよ」

 との答え。

 おじさんに夢を与える、というのは、
「こういう事業をすると儲かりますよ〜」
 と提案すること。
 おじさんの夢をかなえる、というのは設備投資したりしてその事業を実行に移すこと。

 そうやって消費者が望んでない事業を繰り返すうち、業績が悪化していくんだろうな……
 いらないものを作って、無理に客に売りつけようとして。

 おじさんたちが運営している「企業」と、女性が中心になっている「消費者」の乖離。
 お互いを不幸にするばかりなので本当にどうにかして欲しい。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:25| 社会 | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

政治家にも学力テストを

 中学3年生向けの全国学力テストを、同じ日に政治家にも受けてもらったらどうだろう。
 もちろん結果は名前付きで公開。
 地盤、知名度、資金力等でごまかすことなく、政治家の学力を客観的に把握出来て便利じゃないかな。

 政治家を批判したい訳じゃなく、公平に比較したいんだよね。
 どんな能力が弱いのか分析して、改善していくことだって可能かもしれないし。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 03:03| 社会 | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

台風18号大雨被害義援金

 ファミリーマートで12日(土)から義援金の募金受付が始まるそうです。
 レジカウンターの募金箱。
 届ける先は茨城県・栃木県・宮城県とのこと。

 ニュースリリース(PDF)
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:29| 社会 | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

世間はすぐに直視することを求めるが

「震災の記憶を風化させない」
 という言葉を聞くたび、両手で耳をふさいでぶるぶる震えている震災経験者がどこかにいるんじゃないか、と想像する。
 風化させない、と言えるのは「忘れられる人」だけだ。

 私はこういう人たちに、何の関係もないバカ話をしたい。
 直視したり、考えたり出来るようになるのはもっと後だよ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:59| 社会 | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

戦争のイメージ

 安保法案のニュースを聞いていて、賛成か反対かに関係なく違和感があるのは、
「多くの人の戦争のイメージが、70年前のままなんじゃないか」
 ということ。

 もし今、戦争をするとしたら、武器も戦い方も第二次世界大戦とはずいぶん違うはず。
 最も求められるのは最先端の武器と、それを管理・操作出来る人材と、動かすためのエネルギー、あたりだろうか。
 専門知識を持たない人間を大勢集めてもしょうがないから、真っ先に行われるのは徴兵ではなく増税だと思う。
 消費税40%とか。

 赤紙を受け取った若者が傷付けられる前に、かなり早い段階で国民全員が酷い目に遭うんだと思うな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:51| 社会 | 更新情報をチェックする