2016年12月27日

冬の京都旅行(贅沢夕ごはん編)

 私への誕生日プレゼントということで、Dちゃんが京都旅行に連れていってくれた。

 私は新幹線に乗るたび車窓から見える景色を楽しみにしているのに、Dちゃんは全然興味を示さない。
「富士山だよ」
「あるだろうね。滅んだという話は聞かない」
 顔も上げずにスマホでゲームをしている。

「こっちにも山があるよ。見ないの?」
「また今度」
 仕方ないので現れては消えてゆく山や雲を一人でぼんやり眺めた。
 青空の綺麗な日で、名古屋を出て少ししたら夕焼けになり、山の向こうがうっすら赤くなった。

 今回の旅の一番の目的は、京都にある日本料理のお店「和久傳」で一緒に食事をすること。
 二年前に私は一人で行ったのだけど(その時のレポートはこちら)食べているうちにどんどん寂しい気持ちになった。
 あまりにも美味しくて、その感激を誰にも伝えられないまま、黙ってモグモグしているのに耐えられなくなったのだ。

 京都駅の改札を出た後、方向が分からず少々焦った。
 右に左にウロウロし、どうにか予約時間ぴったりに到着。
 暮れてゆく京都の街を見下ろしながら、和久傳のコースが始まる。

 最初は漬けブリ。

R0026492.JPG

 刻んだ紅大根や水菜が下に敷かれており、さっぱりしている。
 お酒が飲みたくなる味だが、私は空きっ腹にアルコールを入れると倒れてしまうので、まだ飲めない。
 悔しい。

 続いて、白みそで煮た海老芋と白菜。

R0026493.JPG

 ゆずの香りが利いている。
 黒っぽいのは真ん中が空洞になっている謎の野菜。
 初めて食べた。

(この旅行記を書くために調べてみたところ「堀川ごぼう」ではないかと。
 京都の伝統野菜だそうで、味はごぼうより芋に近い気がした)

 次は、さわらの西京焼き。

R0026495.JPG

 添えられているセロリのバター炒めが、甘めの魚の味によく合っている。
 組み合わせとして勉強になった。
 家でも真似してみたい、と思ったが自分では上手く出来ないかなぁ。

 Dちゃんは別のコースで、鯛の松葉焼きを食べている。
「香りがすごく良い」
 松の葉にはそんな効果があるのかと感心した。

 せりと長芋のおひたし。

R0026498.JPG

 長芋と思って食べたものが柔らかくて、
「これが京都の長芋か……!」
 と驚いたが、味わってみるとそれはホタテだった。

 Dちゃんからフグの白子の天ぷらをもらった。

R0026499.JPG

 ふわとろ〜
 これは日本酒を飲まなければいけない味だ!
 とウェルカムドリンク的にいただいた竹の盃を見ると、あれ? 空っぽ。
 いつの間に飲んじゃったんだ?

「お酒分けてあげようか?」
 とDちゃん。
「どうして私が日本酒飲みたがってること分かったの?」
「そりゃそんながっかりした顔で『入ってない〜』って盃を覗き込んでたら、ねえ」

 Dちゃんが頼んだ京都のお酒は澄んだ味で、予想通り白子との相性は最高だった。

 次は大根と焼き白子。

R0026501.JPG

 白みそ苦手なのに、何故か私だけ白みそ責め。
 体ではなく舌がホカホカして、冬の料理だなぁ、という感じがする。
 白みそにだんだん慣れてきた。
 大根と白子の味もよく合っている。

 この後、牡蠣雑炊(写真撮り忘れた)
 具が牡蠣というだけでごく普通の雑炊、かと思いきや、一緒に出された漬け物を合わせたら味が完成!
 漬け物は奈良漬けと味噌漬けの間くらいの甘じょっぱさだった。

 デザート、私は白あんの挟んである煎餅のようなお菓子だけだったが、

R0026503.JPG

 Dちゃんには抹茶で点てたお茶と、黒豆と果物の和三盆寄せが。

R0026502.JPG

 周りに黒蜜がかかっているそうで、Dちゃんは、
「美味なり……」
 とつぶやいていた。

「贅沢昼ごはん編」に続く)
posted by 柳屋文芸堂 at 09:49| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

ハニワを作りに「のぼうの城」の行田市へ!のハニワ写真

先日参加したText-Revolutions(テキレボ)には公式アンソロジーがあり、私は、
「ハニワを作りに『のぼうの城』の行田市へ!」
という小さな旅日記を投稿しました。
ネットでも全文読むことが出来ます→こちら

その時に作ったハニワの写真がこれ。

R0026422.JPG
↑Dちゃんが作った私のハニワ。口がオバケのQ太郎っぽい。

R0026421.JPG
↑私が作ったDちゃんのハニワ。スマホに顔認識された。

R0026420.JPG
↑夫婦ハニワ。私が作ったハニワ、上向き過ぎ……

R0026482.JPG
↑焼き上がった後の私ハニワ。ずいぶん色が変わりますね。

R0026481.JPG
↑Dちゃんハニワ。カメラ目線で。

R0026480.JPG
↑こうやって玄関に飾ってます。

R0026425.JPG
↑ハニワを作れるはにわの館。公式サイトはこちら

R0026427.JPG
↑周囲にはいっぱいハニワが飾ってある。

R0026428.JPG
↑埼玉(さきたま)古墳群の説明。

R0026430.JPG
↑愛宕山古墳。バス停のそばだったのでこれだけ見られた。解説はこちら

私たちが行ったのはゴールデンウィーク中で、風と光と緑が気持ち良かった。
古墳見学とハニワ作り、秋の行楽にどうでしょう?
楽しいよ♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:32| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

鎌倉に行ってきた!

☆東慶寺
 もともとは尼寺だったそうで、しっとりとして繊細な雰囲気。
 今日行ったお寺の中で一番好きだったな。
 植物の種類が多いのも魅力的。
 一緒に行った友人たちがドロドロした夫婦の問題を話し始めて、縁切り寺だったこの土地の力かと恐ろしくなりました。

☆円覚寺
 東慶寺のすぐそばだけど雰囲気は正反対で、雄々しく堂々としている。

R0026447.JPG
↑木に彫ってある仏様。物語みたい。頭にお金が。

R0026452.JPG
↑眺めの良いお茶屋さんがある。

☆明月院
 とにかく紫陽花が大量に咲いていて、見物人が多い。

R0026459.JPG
↑何故か紫陽花ではなく謎の実を撮った。

☆雷神堂
 北鎌倉駅から鎌倉駅に向かう道沿いにあるおせんべい屋さんで、焼き立てを売っている!!

R0026463.JPG

 こんな風に紙に包まれているので、歩きながらバリボリと食べやすい。幸せ〜♪ 
「もう食べ終わったの?!」
 と友達に驚かれた。

☆建長寺
 人は少なかったけど、木の幹の美しさは今日行った中でここが一番だったな。
 けんちん汁発祥の地らしいです。

R0026465.JPG

R0026468.JPG
↑コーンにも仏様が

 鶴岡八幡宮と小町通りを通って鎌倉駅から帰宅。
 いや〜 よく歩いた!
 友達との会話も楽しかったし(うっかり縁切り寺に行っちゃったけど、旦那さんや恋人を大事にしようぜ……)花や緑と鳥の声を満喫出来て良い気分転換になりました♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:12| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

本日の失敗

1、渋谷で道に迷う
 渋谷駅、手近な出口から出てなんとなくこっちかな? という方向に進んでいったら、何故か高速道路の左側を延々と歩くことになり、「初台」なんて表示も出てくるし(全然違う駅じゃん……)仕方なくタクシーに乗ったら戻るのに車でもずいぶんかかった。私、どこまで行っちゃったの。

 教訓:渋谷で適当に動くんじゃない!! 地図を持ってゆけ! 駅の出口は慎重に選べ!

 渋谷は駅構内だけでなく周辺全体が迷路になってるんですな。
 もう天然(?)の迷宮として世界遺産に登録されてしまえ。

2、見たい映画が見られなかった
 そんな訳で、上映開始の数分後にタクシーで映画館に到着。
 うう、最初の部分見られなかった…… と思っていたらなんてことない、満席で入れなかった。
 こんなことあるんだ。汗だくの徒労。

 教訓:自分のマニアックさを過信しない。時には人気作にぶつかることもある。
    映画館には早めに行こう。予約が取れる時は取ろう。

3、チケットを買わなかった
 帰宅後調べて分かったのだけど、この映画館、ネット予約がちょっと面倒だった(他の映画館が簡単なのかは滅多に映画を見ないので知らない)その場に行ったのだから、別の日のチケットを買っておけば確実に見られたのに。

 教訓:映画を見る時は、その映画館の席予約のシステムを調べておこう。

4、ダロワイヨのカフェに入った
 これは失敗というほどでもないが、別にこんな高い店に入る必要なかったよな、と頭が冷えてから思った。とにかく一回落ち着きたくて、あ、パリのガイドブックで見た名前、とふらふら入店。パンが美味しい。料理とお茶(紅茶)はまあまあ。ケーキはDちゃんのが美味し過ぎたため、イマイチに感じてしまった。

 都心で、セットで色々付くことを考えれば、良心的な価格かもしれない。
 都会って、高いのに不味くてえらいガッカリすることが多々あるからな。
 まあ、土地代を食べているんだからしょうがない。
 美術館に入っているレストランにけっこう悲しい思い出が多いぞ……

 紅茶がポットにカップ3杯分入っていたので(これは嬉しい!)
 飲み終えるまで小説書きがはかどった。
 それだけで今日はもう大逆転の大満足です。

 映画、次は入れますように。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:54| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

娘娘万頭(にゃあにゃあまんじゅう)

R0026300.JPG

 山中温泉のお土産。
 「にゃあにゃあ」は「娘さん」を意味する加賀の言葉だそうです。
 街のあちこちに「娘娘」と書かれている看板があるのは微妙な気持ちでした。
 なんとなく秋葉原的なものを感じてしまう私は、毒されてる?

 甘過ぎなくて美味しいです。
 このお菓子、金沢駅のお土産屋や売店では見つからなかった。
 食べたい人は山中温泉か加賀温泉駅(山中温泉の最寄り駅)で買っておきましょう。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:03| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

山中温泉 山中座

 山中温泉では、芸妓さんの芸が見られる「山中座」にも行きました。
(定期上演は土日祝祭日のみ)

 大人700円のところ、旅館組合加盟旅館宿泊者は割引、とのことで、セレクトグランド加賀山中に泊まるためのチケットを入り口で見せたら500円で入れました。
 鶴仙渓川床でも同じような割引があり、泊まる人を大切にしてくれているんだな、と嬉しかったです。

 さて、芸妓さんの芸。
 踊りはたおやかだったし、唄もどうにか、だったのですが、三味線が……
 まあ、芸妓さんにとっては、踊り>唄>三味線 なのだろうけど。

 踊りが上手くて三味線が下手な芸妓と、三味線が上手くて踊りが下手な芸妓。
 どっちが色っぽいか、どっちを部屋に呼びたいか、考えてみればすぐ分かる。

 でもやっぱりちょっと残念でした。
 都会と違ってお稽古に通うのも大変なのだろうか。

 一番良かったのは獅子踊り。
 これを女性が演じるのは全国でも珍しいそうで、すごく艶かしかった。
 やることは獅子舞とほぼ一緒なのだけど、雰囲気が全然違う。

 男性的なものをあえて女性がやることで、女性らしさが際立つ。
 遊女が男装して舞ったと言われる白拍子も、こういう理屈だったのかな?

 山中温泉では、芸妓さんを宿に呼んでお座敷遊びも出来るそうです。
 私はいざという時に芸妓にもなれるよう、三味線頑張ります。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:31| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

セレクトグランド加賀山中

 山中温泉では「セレクトグランド加賀山中」に泊まった。
 名前からホテルだと思っていたのに、部屋に着いたら……

R0026290.JPG

 これは旅館では?
 規模はけっこう大きいのだけど(客室数88)

 今回、山中温泉に行こうと決めてから困ったのが、一人で泊まれる場所が異常に少ないということ。
 基本的に、家族やカップルや友だちでワイワイ来る場所なのね。
 近所の旅行会社のパンフレットで一人プランがあったのは、セレクトグランド加賀山中だけ。
 助かりました。

 料理はバイキング。どれもなかなか美味しかったです。
 ただ、頭痛が酷くて冷たいものを口に入れたくなくて、寿司も刺身も食べられなかった。
 石川に行って生の魚を食べずに帰ってくるとは…… うう。

 朝、焼き魚を大根おろしと一緒にいただけたのは良かった。
 この組み合わせ、ホッとしますね。

R0026291.JPG
 
 ロビーの窓から見える風景。
 お風呂からも部屋からも、川が見えます。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:32| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

北陸新幹線

R0026228.JPG

 北陸新幹線をかたどった箱に入っているお菓子を実家のお土産にした。
 目の見えない伯母(大)に渡し、
「これ何だか当ててみて!」
 とやったのだけど、
「(新幹線なんて)触ったことないから分からないわよ」
 と母。

 伯母(大)は新幹線の形を知らないんだ、と気付いて驚く。

「都電の形は分かる?」
「分かる。見たことある(←視力があった頃の記憶)」
「都電の顔は平らだったでしょ? 新幹線はすごく早く走るから、顔が平らだと風がビュービュー当たって前に進みにくくなっちゃうんだよ。こうやって先を細くして、風をうまく切り裂いて進むの」

 と説明したけど、理解してくれたのかどうか。
 目はともかく、認知症で昔ほど物分かりが良くないからなー

 うちのばーちゃんは諦めるとして、目の見えない子どもたちが新幹線に触る機会があると良いな。
 彼らにとってはおそらく「触る=見る」で、
 触れないものの知識はどうしても見える人より少なくなってしまう。
 「想像する」という脳内の視力が恐ろしく鋭いから、それを使って補うのだけど、それでも。

 北陸新幹線、ホームから線路の方に手を出して写真を撮る人がけっこういた。
 走っている時に触ったら危ないよー

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:09| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

山中温泉のチューリップ

R0026247.JPG

(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画「春の日」に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:45| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

山中温泉 鶴仙渓遊歩道

 文学フリマ金沢の前日は、石川県加賀市にある山中温泉に泊まりました。
 一番の目的は鶴仙渓(かくせんけい)
 芭蕉も愛したという美しい渓谷です。

 「遊歩道」というからのんびり散歩出来ると思ったのだけど……

R0026267.JPG

 割としっかり山道だった。

R0026268.JPG

R0026274.JPG

R0026277.JPG

 時々ある溝がスーパーマリオっぽい。

 お茶とお菓子をいただける場所があって(鶴仙渓川床)
 そこも……

R0026282.JPG

 この石から落ちたらドボン、です。

R0026284.JPG

 お茶が加賀棒茶なのが嬉しい。
 質の良いほうじ茶で、石川に行くことなんて考えもしなかった10年前から愛飲している。

R0026285.JPG

 橋の上から撮った川床。
 小さく見える赤い傘の下が特設の小さな座敷になっている。

 客のほとんどが家族か仲間連れかカップル。
 ここで一人でロールケーキを食べるなんて耐えられない! という人もいるだろうな。
 私は暗殺者並みに孤独慣れしているので平気。

 ハードボイルドおばちゃん。
 唇に生クリーム。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:11| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする