2016年07月30日

生命らしさを持つ機械人間「オルタ(Alter)」パネルトーク感想

 日本科学未来館で開催された、生命らしさを持つ機械人間「オルタ(Alter)」についてのパネルトークを聞きに行ってきました。

IMG_0611.jpg
機械人間「オルタ(Alter)」

 登壇者は、人間そっくりのアンドロイド(マツコロイド等)の製作者として有名な石黒浩。
 複雑系と人工生命を研究する池上高志。
 アンドロイドを制御するシステムを開発している小川浩平。
 生物の個体と集団の関係について研究する土井樹。

 何しろ報道関係者が多い!!
 会場に入ると、後ろの方に大量のカメラマンやインタビュアーに囲まれる石黒浩が。
「石黒教授だよ! 本物の石黒教授だよ!! キャー! キャー!」
 と通路で飛び跳ねながら叫んで、他の人の通行の邪魔になる私。

 研究者としてというより、人形師としての石黒教授のファンなのです。
 著作も読んだことがあるし、ずっと憧れていたから、ナマの石黒が見られて本当に嬉しかった。
 いやまあ、石黒浩のアンドロイドでも構わないのだけど(今回は来てませんでした)

 オルタのこれまでのアンドロイドとの違いは、複雑さを表現しているところ。
 外部の状況に反応し、次の瞬間に何をするか誰も予測することは出来ない(そのように作られている)

 小川さんによると、人間の動きの通りにしっかり制御したロボットよりも、ランダムに動かしたロボットの方が生命らしく見えるという。
 それはおそらくランダムな動きが、人の想像を引き起こすからではないか、と。
 石黒教授は、人間は何事も自分の都合良く想像するので、ランダムな動きと想像が偶然ピタッと合った時、そこに意味を見出すと言う。
 
 オルタは石黒研究室と池上研究室との共同研究で生まれた。
 この池上高志という人が、科学者というより前衛芸術家や哲学者のような問題意識を持っていて、なかなかエキセントリックだった。
 一番印象的だったのは、科学というのは基本的にそぎ落としてゆくもので、全部入りのものは誰もやっていない、という発言。

 私も単純化だけでは見つけられない真実が多くあるように感じ、「全部入りシミュレーション」として小説を書いているところがある。
 しかし理系の研究として、それをやるのは難しいことだろうと思う。

 池上教授は生命に見えない生命らしいものを追求しており、石黒教授の研究に対して、
「あまりにも生命に似てるやんけ!」
 と感じていたとのこと。

 それに対して石黒教授は、
「(池上さんのような研究をしていると)研究費が出ないから」

 分かりやすい成果を出さないと予算はつかない。
 それゆえ人間そっくりのアンドロイドの方に進んだのであって、もともとは池上教授のような抽象的な研究もしたかったとのこと。
 象牙の塔は想像以上に世知辛い場所ですよね……

 オルタの外見はニュートラルで、見た人が想像で補い、一人一人の中に勝手なオルタ像が出来る。
 トークへ行く前に、
「曖昧な部分があるために、無限通りに読める綾野剛の表情が素晴らしい」
 とTwitterで騒いでいたのだけど、何だよ同じ話じゃん!

 結局、研究の世界も芸能界も、記号化しやすい明白なものだけでは足りなくなってきている、ということなのかもしれない。

 実際に見たオルタは、暗闇の中に浮き上がる滑らかで素早い手や顔の動きが、非常に幻想的だった。
 私は「女性が舞台の上で今日あったことを説明している一人芝居」のように感じた。
 Dちゃんは「認知症の老人が過去の話をしている」ように見えるという。
 コミュニケーションしているという感じは受けず、一方的である点は一緒だ。

 研究内容は違えど、登壇者の四人はみな「生命らしさ」にこだわっていた。
 私は「生きているかどうか」より「美しいかどうか」の方が大事なので、
「生命じゃなくちゃいけないんですか?」
 と不思議に思った。

 オルタは美しかった。
 これまでに見たことのない種類の美しさだった。
 私にとってはそれだけで十分だ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 17:22| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

ただ起きてるだけ

 まるでソチオリンピックを観戦しているような夜更かしっぷりですが、単にDちゃん待ちです。
 まだ帰って来ない……

 オリンピックはテレビが無いので見られないのです。
 フィギュアスケートで盛り上がってるツイートを読んでるとこっちまで楽しくなります。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:47| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

生虚無僧!!

R0025656.JPG

R0025655.JPG

 「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」行って来ました!
 そして見たぜ、生虚無僧〜!!

 歩きながら尺八を吹いているのですが、これがめちゃくちゃ物悲しい。
 人の住まなくなった家屋を吹き抜ける木枯らしのような音色……

 新内流しも見たかったのだけど、残念ながら見つからなかった。
 何しろ動いているのでどこで遭遇出来るか分からないのだ。

 「hanamas」という津軽三味線、ヴァイオリン、ギターのトリオが格好良かったなー
 技術があって華やかで。

 日本の伝統音楽をこんなにまとめて(しかも無料で!)見られる機会はなかなかないと思う。
 次回もあるならぜひ行きたいです。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:44| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

神楽坂まち舞台・大江戸めぐり

 明日、三味線の先生が出演する、
「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」
 というのに行ってこようと思っています。
 公式サイトはこちら

 パンフレットを見てびっくりした。

 私「うわっ、虚無僧も見られるんですね?!」
先生「珍しいよねー 生虚無僧」

 生虚無僧って。
 乾燥虚無僧とか加熱虚無僧もあるのか。
 深い編み笠をかぶって顔を隠し、尺八を吹きながら神楽坂を歩くそうです。
 すごいー!!

 この話をDちゃんにしたところ……

 私「生虚無僧が見られるんだって!」
 D「ナマコ無双?」

 何それ、強いの? 弱いの?

 他には、新内流しも神楽坂を歩くらしい。
 先生は「スクイーズ☆ハジキーズ」というユニット名で、PARK LUXI KAGURAZAKA前ポケットパークというところで演奏するそうです。
 日本の伝統音楽に興味のある方はぜひどうぞ。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:40| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

銀座プランタンのねこ展

 銀座プランタンのねこ展、行って来ました〜
 琴坂映理さん(サイトはこちら)のスペースを覗いた後、新規開拓でほしみステラさん(サイトはこちら)の絵はがきを数枚購入。
 国語の教科書の表紙を思い出すような、優しい雰囲気が気に入って。

 デパートなのに、作家さんが売ってるからちょっと同人誌即売会みたいで楽しいのよ〜
 ねこ・ねこグッズ好きな方はぜひ! 28日(火)までです。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:24| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

プランタン銀座のねこ展

 友人でイラストレーターの琴坂映理さんがプランタン銀座のねこ展に出展します〜
 ねこ・ねこグッズがお好きな方はぜひ!
 作家さんたちが常駐しているので、色々お話も聞けるかも。
 公式サイトはこちら
 期間は5月22日(水)〜28日(火)です。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:39| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

ネギマン

 夏コミでもらった、鳥取の国際まんが博パンフに載っていた「ネギマン」が気になったので調べてみた。
 公式サイトはこれ
 ヒーローかと思ったら、ただの巨大なネギみたいです。
 身長約40メートル、体重約8,800トン(白ネギ約800万本分)とのこと。
 イベント出演料は3万円(交通費別途)……ってずいぶん具体的だな。
 パンフにはまんがワークショップに参加してイラストを描いている写真があります。
 勤勉。

 全国の「食べ物系ゆるキャラ」を集めたらずいぶん美味しそうなことになりそうですね。
 (私が一番好きなのは夕張夫妻だ)

「ゆるキャラカップin鳥取砂丘〜オレ達はゆるくない〜」
 というのも開催されるそうです。
 砂まみれになった着ぐるみが見どころ……?
 確かにハードボイルドかもねぇ。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:18| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

イベント情報更新

 イベントページ更新しました。
posted by 柳屋文芸堂 at 12:56| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

小さな村の、小さな伝説

 それは、一本の電話から始まった。

「のり子?」
「お母さん?! どうしたの?! 誰か具合でも悪くなった?!」
「いやそんなことないんだけど…… うちの町会、この土日がお祭りなのよ」
「へー そうなんだ」
「これから来ない?」
「はあっ?!」

 時計を見ると午後2時。
 無理ではないが、なぜ急病人が出た訳でもないのに飛んで行かねばならぬのか。

「ちょっと行って、太鼓を叩いて……」
「はあっ?!」

 実家の方の町会のお祭りは、毎年子供たちが太鼓を叩く習わしになっている。
 結婚前までは私が教えに行っていて、

「指導してくれた柳田さんでーす!」

 みたいな感じに紹介されて打たせてもらうことはあったが、基本、子どもの舞台なのだ。
 村(じゃないけど気分としては村)を出て6年も経つ、33歳のおばさんがしゃしゃり出たら、どう考えても恥ずかしい。

「太鼓は子どもが打つんだからダメだよ〜」
「そんなこと言ったって、お母さん寂しいっ 寂しいっ」

 途中で気付いたが、母は酔っ払っている。
 しばらく禁酒していたのに、祭りだからと飲んじゃったのだろう。

「え〜 とりあえず今日は無理〜 明日もやってるんでしょ?」
「うん」
「じゃあ考えとくー」

 酔っぱらいの戯れ言としてそのまま放置しようかと思ったけれど、電話を切った後、何となく母が可哀想になって来た。
 母にとっては「娘が太鼓を打つ祭り」こそが祭りで、他の子どもが太鼓を打っているのを見ると、
「足りない! うちの娘が足りない!」
 という気分になるのだろう。
 でも残念ながら、私はもう子供でもなければ、太鼓の先生でもないのだ。

 そんな辛い祭りなら行かなきゃいいのに、行くんだよねぇ。
 村だから。

「ねえDちゃん、一緒に来ない?」
「のりが太鼓を打つのなら」
「打たせてもらえないよー 母親はその気でいるけどさ…… 一人で行って、しょぼしょぼ帰ってくるの寂しいし……」

 母親はまだ私を「村の一員」だと思っているのだ。
 でも私はもうよそ者だし、他の人たちだってそう考えるに決まっている。
(↑何だかすごく村っぽい考え方だ。東京の隣の川口市ですよ)
 Dちゃんは私の不安を汲み取ってくれて、忙しい中、来てくれることになった。

 そして今日(8/1)の夕方、Dちゃんと実家へ。
 ちょうどサザエさんをやっていた。
「懐かしい!(←うちはテレビが無いので)アナゴ君って27歳なんだよね〜」
「すっかり年上になっちゃった……」
 いや、そんな話はどうでも良い。

 そのままじゃ歩けないと、母は押し車を押して行くという。
 祭りの会場である公園のそばまで来ると、押し車のポケットから祝儀袋を取り出した。
「これを受付に渡しなさい……」
 太鼓を打たせてもらうために寄付ですか?!
 母の執念に苦笑してしまった。

 思惑が外れ、寄付は極めて事務的に処理された(そりゃそうだ)
 お祭りの会場にぼんやり立っていても、太鼓を打ってくれとは誰も言わない(これも当然)

 母だけでなく、私も寂しくなっちゃうかな〜? と思っていたけれど、実際は全くそんなことなかった。
 子供たちの太鼓の打ち方が、私のやり方にそっくりなのだ。
 リズムが。腕や足の動かし方が。
 今住んでいる場所のお祭りに行った時は、本当に「よそ者」気分で、すぐ帰ってきた。
 でもここではそんな風に思わない。
 これは、私の音だ。

 その音に合わせて、私は踊った。
 時折、子供たちのリズムが狂って、
「こらこら、そこはこう打てば良いのよー!」
 と叫びたい気分にかられつつ、存分に踊りを楽しんだ。

 途中、子ども会の面倒を見ているおじさんに会ったので、あいさつした。
「子どもが少なくなっているかと思ったら、けっこういるんですね」
「みんな、柳田さんに教わった打ち方を伝えていってるんですよ」
 もしかして私、家元?!
 まあでも、これでリズムが心地良い理由が分かった。
 何だか民俗学っぽい伝承のされ方で、嬉しい。

 母の希望は叶わなかった。
 でも私は十分満足。
 不服そうな母を促し、帰ることにした。
 公園の出口あたりで、もう何十年も町会の役員をしている、同級生のお父さんに会った。

「お久しぶりです〜」
「あれっ? 今日は太鼓打たないの?」
「打ちたいけど、子どもが打ってるのに出ていったら悪いし」
「よし。俺が話つけてやろう」

 うわー まずい。
 顔役を利用してしまったー!

「で、でも、突然来てそんな、申し訳ないし……」
「俺がいいって言ってんだからいいんだ! それがふるさとだ!!」

 このセリフには感動してしまった。
 そうか。ここはふるさとなのか。

 子どもの出番を奪うのは絶対イヤだったのだが(私が子どもだったら、そんな大人、一生許さない)ちょうど良く祭りの最後に「子ども会OBの太鼓」をやるという。
「TやUも来てるよ〜!」
「本当に?!」
 二人とも、私が教えていた頃に練習に来ていた子たち。
 会ってみたら、大人になっていてびっくりした。

 公園にアナウンスが響く。
「昔、太鼓を教えに来てくれていた、柳田さんです! 高校生の頃に、和太鼓を持ってオーストラリアに行った、伝説の人です!」
 で、伝説ですか。
 うーむ、それにしても。
 そんな派手な紹介に見合うだけの演奏が出来るのか。
 何しろ7年ぶり……

 打ち始めて、まず、右手人差し指の皮がむけた。
 これは予想していたこと(痛いけど)
 そして、曲の半分くらいで息が苦しくなってきた。
 若い頃には考えられなかった疲労っぷり!
 ああでも、命をかけて頑張ります!
 私は全力で打ち、くるくる舞った。

R0022378.JPG

 曲が終わり、子供たちが歓声をあげる。
 俺はやった! やったよ母さん……!!
「アンコール! アンコール!」
 何ですってー?!
 こっちはすでに全身筋肉痛。
 死にそうなんですけどー!!

 気力だけでもう一曲、打ちましたとも〜
 台から降りる時には、真っ直ぐ歩けないほど弱っておりました。
 とほほほ……

 帰ろうとする私のところに、昔から知っているおじさん、おばさんが沢山集まってくる。
 ありがとう、ありがとう。
 と言われ、
 ありがとうございます、ありがとうございます。
 と返し、みんなと握手する。
 ここに住んでいなくても、私はよそ者なんかじゃないんだね。

 あ〜 体張って親孝行したぜ!
 Dちゃんに荷物を持ってもらい、蛇行しながら実家に戻る。
 酔ってるんじゃないんだ。筋肉が変になってるんだ〜
 
 帰った後聞いた、母のセリフにひっくり返る。
「全然見えなかった」
「ええっ そうだったの?!」
「だって、自分の娘が打っているからって、わざわざ近くまで見に行くなんて、みっともないじゃない」
 その感覚、私を呼び寄せる前に感じてー!!

 何だか酔っぱらいに振り回されただけのような気もしますが、久々の和太鼓は本当に楽しかったです。
 そして自分の育った場所に、人と人のつながりや、音楽の伝承があるのを知って、
「この間の映画のツバルみたいだわ」
 なんて思いました。
 
 いやはやしかし。
 明日、起きられるのかな〜
 全身が痛ぇ〜
posted by 柳屋文芸堂 at 01:55| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ダイアログ・イン・ザ・ダーク(3回目)

 アメフラシさん&よいこぐまさんと一緒に、ダイアログ・イン・ザ・ダークに行って来ました。
 二人は初めて、私は3回目です。

 3回行っても飽きないのは、その回ごとに全く雰囲気が違うから。
 今回は参加者8人が全員女性で、もう勇敢だしにぎやかだし。
 誰も暗闇におびえたりしていませんでした。

 案内をしてくれたのが、憧れのチーフアテンド「ひやまっち(檜山晃さん)」
 彼がみんなを、暗闇や集団にうまく馴染ませてくれたのが良かったのかもしれない。
 でも、メンバーの資質もあるような気がする。

「ツアーコンダクター泣かせの団体旅行みたいだったね」

 と、よいこぐまさんが的確な表現をしてくれました。
 端的に言うと、おばちゃんっぽかった。とっても。
 普段なら、そういう雰囲気にイラッとしたりするのだけど、あたたかい気持ちで見ていられるのが不思議。暗闇マジック。

 アメフラシさんとよいこぐまさんは初体験に感激してくれて、嬉しかった。
 自分では面白いと思っていても、周りの人が同じとは限らないから、ドキドキでした。
 言葉にならない気持ちをいっぱい抱えて帰ったようです。
 
「明るい中でも『いる』のに『いない』と勘違いされがちなよいこぐまさんを、暗闇の中で見つけられるか?」
 というのが今回のテーマ(?)だったのですが、確かに声を出してないと気付きにくい。
 アメフラシさんのそばに行く方がずっと簡単だった。
 人の「気配」って、何なんでしょうね?

 てのひらの感触も印象的だったな。
 カフェの従業員をしていたのが、前回案内をしてくれた女の子だったのだけど、声より手の印象で思い出した気がする。
 暗闇の中でてのひらだけ触れ合わせる恋なんてステキじゃないかしら、と思ったりしました。

 闇の中では何も見えないなんて思ったら、大間違い。
 そこでしか見えないものが、確実にある。
 そしてそれは、普段の生活では見えない「本質」の部分なのだ。
 
 喫茶店でヘレン・ケラー「わたしの生涯」→これ の話をしたりして、帰宅。

 まだ未体験の方は、ぜひぜひ。
 入っている間も、終わった後も、色んなことを考えます。
 ヘレン・ケラーの本もおすすめですよ♪
posted by 柳屋文芸堂 at 20:49| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする