2022年01月09日

アニメ「平家物語」

いよいよ来週から、アニメ「平家物語」の放送が始まりますね〜
いつどこで放送されるかの情報はこちら

私は先行配信で全話見ました。
美しくて、切なくて、すごく良かったです。

↓紹介動画二つ↓




↓オープニング映像:羊文学「光るとき」↓


「光るとき」の歌詞が泣ける。
配信で見ていた時、途中からもう毎回オープニングで泣いていた。

悲しい物語ですが、明るく楽しい場面もあります。
懸命に生きる登場人物たちの姿から、人生の真理や深みを何度も感じました。

今はアニメの原作(古川日出男さんが現代語訳した、河出書房新社の平家物語)を読んでいます。


↑アニメ版の主人公、びわちゃんの帯付いてた〜!! 可愛い!!



908ページ。
意外と寝床で寝ながら読めるものですね。
ウトウトして、顔の上に落とさないよう気を付けよう。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 16:37| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

アニメ「信長協奏曲」

宮野真守さんのサブローの声がすごく合ってた!
同じ高校生ながら「ちはやふる」の太一とは全く違う、飄々とした演技。
声優さんってほんとすごいなぁ。

本能寺で死んじゃうのかと思ったら、そこまで行かずに最終回になったのでホッとしました。
しかし信長が出てくる物語って、一体いくつあるんだろうね……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 15:28| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

ニヴフの詩人サンギ

沼野充義(東京大学教授)最終講義「チェーホフとサハリンの美しいニヴフ人――村上春樹、大江健三郎からサンギまで」

ふと、ニヴフ人のインタビューを聞いたことがあった気がして、調べたらやっぱりそうでした。
沼野先生の最終講義。
ゴールデンカムイを見た後だと状況がよく分かるな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 19:27| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

アニメ「ゴールデンカムイ」

「平家物語」のためにFOD(フジテレビオンデマンド)に入って、「ゴールデンカムイ」の第3期(第36話まで)をようやく見られました!
樺太の少数民族(ウィルタ、ニヴフ)の暮らしが興味深かったです。
キロランケの正義はよく分かったけれど、話が進めば進むほど謎が深まっていく尾形……
第3期は、キロランケが守りたかったものを伝えるための物語だと感じました。

第4期の放送はいつかな〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 17:37| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2021年09月28日

アニメ「かげきしょうじょ!!」感想

「かげきしょうじょ!!」毎週楽しみに見ていました。
登場人物それぞれの悩みの深さと、それを乗り越えていく過程が丁寧に描かれているのが良かった。

奈良っちのジュリエットのセリフや、山田さんの歌など、
「ここは絶対はずしちゃダメ」な場面が、しっかり魅力的に演じられている。

「ロミオ、どうしてあなたはロミオなの……?」
というセリフの意味が初めて腑に落ちた気がした。理屈ではなく感覚として。

歌舞伎役者の役を、お父さんが歌舞伎役者の麦人さんがやっていたり、
歌劇OGの先生役を、本物の宝塚歌劇団OGである葛城七穂さんがやっていたり、
絶妙な配役がリアリティーを支えていた。

全13話なのに、エンディングの歌い手・歌詞・映像のバリエーションが四つもあるのが贅沢!
思わずiTunesストアで全曲購入してしまったよ。

歌劇がテーマだけあって、一人一人の演技の強さを感じられるアニメでした。
終わっちゃって寂しいよ〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 09:10| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

アニメ「平家物語」

アニメ「平家物語」←このページで見られます

第1話、面白かった〜
平安時代の絵に現代の音楽が重なっているのがちょっと違和感あったけど、2回見たら慣れた。
体調良くないのに3回繰り返し見ちゃって頭が痛くなった……

監督・出演者・制作会社と全部大好きな人たちで、どんな石油王が企画したのかとびっくりしたよ。

↓予告編も素晴らしい

 
posted by 柳屋文芸堂 at 17:51| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊

dアニメストアに「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」が入ったのでつい見直してしまった。
ゴミ清掃員が出てくる場面が好きです。
メインじゃない方のゴミ清掃員の声、千葉繁なんですね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:34| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2021年05月19日

おはようございます

最近、早起きに挑戦中です。
晴れてないとちょっとつまらないね。

田村正和が亡くなったと知りびっくりしています。
色んなドラマを見ていました。「パパはニュースキャスター」とか懐かしいね。
母が大ファンで、田村正和キーホルダーを愛用している。
「古畑任三郎」をいつも楽しみにしていたな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 05:50| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

アニメ「進撃の巨人」The Final Season(第60話〜第75話)

「進撃の巨人」毎週楽しみにしていたのですが、こ、ここで終わっちゃうの〜?!

The Final Seasonでは、
「大きな主語をどれだけ背負うべきか」
という問題が取り上げられており、色々考えさせられました。

大きな主語とは、その人の国籍、人種、所属している組織等のこと。
人はどれだけ個人として存在するのを許されるのか。
大きな主語が犯した罪を、個人はどこまで背負わなければいけないのか。

大きな主語から与えられるものがあるならば、無関係ではいられない。
けれども人は100%自主的に、大きな主語を選べる訳じゃない。
大きな主語に飲み込まれていく恐ろしさ。
個人でいること、自由であることの難しさ。

しんどくて本質的で、最高のストーリーだった。
第76話は冬に放送、だそうで。
続きを見るために頑張って夏を乗り越えるよ……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 17:52| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎(第6期)」感想

 2018年4月から2020年3月まで放送していた鬼太郎の、第57話から最終話まで、dアニメストアで見ました。
 第1話から第56話までの感想はこちら

 印象的だった回は……

☆第58話「半魚人のかまぼこ奇談」

 鬼太郎がかまぼこに!
 さりげなく資産を増やしている砂かけばばあが良かった。
 彼女のお金に対する考え方も。

☆第62話「地獄の四将 黒坊主の罠」

 鬼太郎は何故、ねずみ男を生かしておくのか。
 ねずみ男の存在が許されていることこそが、鬼太郎の世界なんじゃないかと思っていたので、それがはっきり表現されていて嬉しかった。
 異物を許せる自分でいたい、という感覚の重要さ。

☆第65話「建国!?魔猫の大鳥取帝国」

 めちゃくちゃ笑った!!

☆第93話「まぼろしの汽車」

 ねこ娘が「まどマギ」のほむらちゃんになるような展開で、面白かった。

 第6期は、ねこ娘と、まなちゃん(人間の女の子)と、鬼太郎の関係が私好みでした。
 愛情だったり友情だったり「相手を大切に思う気持ち」が描かれるたび、愛おしい気持ちに。
 今の日本では言いにくいことを物語の中に織り込んだり、沢山の挑戦を感じる作品でもありました。

 第7期で、また会おうね!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:21| 映画・映像 | 更新情報をチェックする