2016年09月05日

妻夫木聡の「伝える力」綾野剛の「読ませる力」

 映画「怒り」の東京編だけの予告映像が発表されましたね(これ
 妻夫木聡と綾野剛が演じるゲイカップルのラブストーリーなのだけど、二人はほとんど正反対と言っても良いような特長を持つ俳優さんで、その対比が面白い。

 この映像が出る前に、妻夫木聡が写っている劇中カットが公開された。
 ただ笑っているだけなのに、
「あ、これ、原作のあの部分だな」
 と分かった(映像で確認したらやっぱりそうだった)
 表情一つでその時の状況や感情を伝えてしまうというのはすごい演技力だと思う。

 一方で綾野剛はひたすら何を考えているのか分からない。
 まるで批判しているみたいだけど、「怒り」の中での彼の役としては大正解の演技。
 何しろそのせいで「殺人犯なのでは?」って疑われちゃうのだから。

 何かを「表現する」という時、普通はまず妻夫木聡の方向で努力するのではないだろうか。
 受け取った側が苦労せずに理解出来るよう、伝えるべきことをはっきりと形にしてみせる。

 綾野剛は感情を表現していないのではない。
 どの場面でも、複数の思いを重ねたような顔をしている。
 物言いたげであると同時に、ずっと何かを押し殺している。

 思わず引き寄せられ、
「この人は心に何を抱えているのだろう?」
 と隠された事情を読み取ろうとしてしまう。

 妻夫木聡のような「伝える力」を完璧に身に付けるのも、熟達が必要で大変なことだ。
 けれども綾野剛の「読ませる力」はさらに貴重である気がする。
 たいていは伝えるものを明確にしていく過程で、曖昧なものは切り捨てられてしまうから。

 俳優の演技だけではなく、あらゆる表現には「伝える力」と「読ませる力」の両方が必要なのだと思う。
 私の文章は、どうだろう。
 伝えるための努力はしている。でも、読ませるためにどうしたら良いかは全然分からない。

 綾野剛ってすごい、妻夫木聡だってすごい、と、全く違う表現の力に憧れながら二人を見ている。



↑「怒り」主題曲。妻夫木聡と綾野剛の場面だけやたらラブラブ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:56| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

映画「シン・ゴジラ」感想

 見てきたよ〜
 期待通り上映前に「怒り」の予告が流れて、大きな画面の直人(綾野剛)にうっとり。
 満足……(いや、何しに来たの?)

 シン・ゴジラ、特技監督(特撮部分担当)の樋口真嗣は大好きなのですが、総監督の庵野秀明に対する思いが複雑過ぎて、見る前は、
「どーしよっかなー」
 という感じでした。
 エヴァの破とQが全然好みじゃなかったんだよね。

 今回の映画もエヴァそのまんまのところが沢山あって、
「この人、本当にもうエヴァから逃れられないんだな」
 と苦笑した。本人だけの責任ではなく、周囲からの期待も含めて。

 でもちゃんと新しい試みや切実な問いかけもあったのでホッとした。
 好きなクリエイターが立ち止まったり後退しているのを見るのは辛いんだ。

 さて、私は特撮、特に街が破壊される映像が病的に好きです。
 電線切られて街が真っ暗になったり、ビーム照射でビルが爆発して崩壊したりするの、快感ですよね……
 ゴジラが暴れまわっている場面を見ている間、ほとんど「性的」と言っても良いくらい興奮していました。

 まだ東京残ってる! 神奈川も千葉もあるし、何なら埼玉まで来ても良い!
 もっともっと壊せゴジラ!!

 不謹慎って思われるかもしれないけど、日常とは価値観が反転して、ふだんやっちゃいけないことをガンガンやれるのが物語の世界じゃないか。
 都市が壊されるのがこんなに気持ち良いということは、文明嫌いなのかな、私……

 人間たちのドラマの方では、市川実日子が演じた環境省自然環境局野生生物課長補佐(Wikipediaの情報コピーなので間違っていたらごめんなさい)の尾頭ヒロミがすっごい可愛くて、
「死ぬなよ! 最後まで残れよ!!」
 って応援しながら見た。
 いかにも理系女子らしいクールさと熱さが素敵でしたね。

 Dちゃんは最初の方に出てきたゴジラ(途中で形態が変わる)が可愛くて、
「これなら最後まで見られる!」
 と思ったらしい。

 私は、
「何これ、ゴジラじゃないじゃん! これとゴジラが戦うの……?」
 と首をひねっていましたが。

 最終的にはちゃんとゴジラらしいゴジラになってくれたので一安心。
 キャストの最後に「野村萬斎」とあって、
「え? どこに出てた?」
 と思ったら、何と! ゴジラの動きを野村萬斎から取っていたらしい(モーションキャプチャー)

 あのどっしりした動きは狂言のものだったのか〜
 変にプカプカしたところが無くて説得力がありましたよね。

 エンディングで有名なゴジラのテーマ曲をたっぷり聴けたのも幸せでした。
 メインのストーリーも実際の事件(福島原発事故とその後の混乱)を省みる内容になっているし、第一作目のゴジラが成し遂げたことを非常に大事にして作られている気がしました。

 見終わった後、パンフレットを買おうとしたら売り切れでがっかり。
 あ〜 読んであーだこーだ言いたかったよう。
 まあ、パンフレットがなくても夫婦であーだこーだ言い続けている訳ですが。

 メイキング映像も見たいな〜
「嬉々としてミニチュアのビルを並べる樋口真嗣」
 とか。特技監督自ら並べたりしないか。

 約1万円の台本付き記録集が9月に発売されるそうですよ……

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ -
ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ -
 
posted by 柳屋文芸堂 at 09:15| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

映画「日本で一番悪い奴ら」パンフレット感想

【映画パンフレット】 日本で一番悪い奴ら 監督 白石和彌 キャスト 綾野剛, YOUNG DAIS, 植野行雄, 矢吹春奈, 瀧内公美, 田中隆三, みのすけ, -
【映画パンフレット】 日本で一番悪い奴ら 監督 白石和彌 キャスト 綾野剛, YOUNG DAIS, 植野行雄, 矢吹春奈, 瀧内公美, 田中隆三, みのすけ, -

 すごい読みでのあるパンフだった!
 主演の綾野剛、監督の白石和彌だけでなく、悪い仲間3人組(中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄)、最初の方にしか出てこないピエール瀧へのインタビューまで載っているの!

 植野行雄が綾野剛を刺し殺そうとする場面で、植野がリハーサル通りに出来なくて全員アドリブになった、という話が面白かった。
 植野はそれを「ミスった」と言うのだけど、本当にそれは「間違い」だったのだろうか。

 撮影の間、ずっと役になり切るうちに「その役としての動き」が自然と出てしまっただけで、間違っていたのは安全を優先したリハーサルの動きの方だったのではなかろうか。
 綾野剛は本気で逃げていたらしく、確かに非常に緊迫感のある良い場面だった。
 ケガ人が出なくて何よりでした。

 話の元となった事件で逮捕された稲葉圭昭(綾野剛が演じた諸星のモデル)のコメントも載っている。
 捜査費を捻出するために覚醒剤を密売、って何度読んでも笑っちゃいますね。
 笑い事じゃないんだけど。

 この映画の舞台は昭和の終わりから平成の初めくらいで、その少し昔っぽい雰囲気が嘘臭くなく、画面に説得力があった。
 美術を担当した今村力へのインタビューを読んでその理由が分かった。
 この人はまさに昭和のまっただ中から映画界にいたベテランの方らしくて、細かく書き込まれた設計図やセットを描いたドローイング(というのかな?)が素晴らしい。

 パソコンがなくて黒電話が置いてあるデスク。
 高級クラブの使い込まれたソファーの質感。
 こういう一つ一つの細部を本物のように見せる職人技が、虚構を真実に変えるのだ。
 感動した。

 衣装についてのページもある。
 中村獅童とピエール瀧は昭和の極悪人ファッションがやたらに似合っていて可笑しかった。
 綾野剛はあんまり似合ってなくて、それが身の丈に合わない暮らしをしている役柄をよく表していて、痛々しさ倍増で最高だった。
 似合わない服によって表現出来ることがあるんですね……

 撮影が終了したのは2015年7月6日。 
 映画「怒り」の制作日誌によると、こちらの撮影は2015年8月8日から。
 だいたいひと月くらいで綾野剛は諸星から直人に化けたのか〜

 全然違うタイプのキャラ(諸星→柔道バカの刑事 直人→優しくて病弱な謎の男)なのに、すごいな。
 しかも雪の場面を撮るために、12月に再び諸星に戻ったらしい。

 俳優とスタッフが全力を出して作り上げる映画の世界を堪能出来て「日本で一番悪い奴ら」の土台まで味わえた気がしました。
 もちろんいっぱい収録されている綾野剛の写真も可愛いです♪♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:06| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

映画「日本で一番悪い奴ら」感想

 一ヶ月くらい前だったろうか。
 唐突に、俳優の綾野剛を大好きになってしまった。
 きっかけはTwitterで話題になった映画「怒り」の予告。



 典型的美男子というのとは違うけど、何だか目を離せない表情をする人だなー と感じ、名前を検索して写真や動画を色々見ていったら、気付いた時には恋をしていた。
 綾野剛の顔がいかに魅力的かをTwitterで滔々と語ったりして、でも実は綾野剛が出演しているドラマや映画を一つも見ていない。
 相手のことをそんなに知らなくても、好きになる時にはなっちゃうのよ?

 しかしまあそれも申し訳ないなと思い、まだギリギリ公開中だった「日本で一番悪い奴ら」を見てきました。
 予告編はこれ。



 北海道警察で実際に起きた不祥事を元にしたヤクザ映画、と言えば良いだろうか。
 ヤクザより警察の方が断然ヤクザっぽい。

 綾野剛が見たくて行ったのに、一番格好良かったのは中村獅童だった。
 立ち居振る舞いが優雅で落ち着いていて、暴力団の幹部という役柄に説得力があった。

 この作品の登場人物はほぼ全員どこか悪いのだけど、中村獅童が演じた黒岩がたぶん一番悪い。
 でも全然、憎い汚いとは思わなかった。

 どんなに孤独になっても悪の道を進む覚悟が感じられて、
「この人はこういう風に生きるよう定められた人なのだな」
 というのが「車に乗る」というような割と単純な体の動き一つで伝わってくる。
 さすが歌舞伎役者、と思わせる存在感だった。

 綾野剛が演じる北海道警察の刑事・諸星は、真面目で熱心であんまり頭が良くなくて、警察という組織の中で認められたいと願うあまり、道を踏み外し荒んでゆく。
 痛々しくて可哀想で、格好良いとか可愛いとか思っている余裕がなかった。

 中村獅童はどこまでも中村獅童で、諸星は諸星だった。
 綾野剛であることを意識させない演技。
 すごい役者さんなんだな、と。

「拳銃を摘発する」
 という目的に夢中になるあまり、警察はだんだん倫理観がおかしくなってきて、拳銃の対価として麻薬の密輸に協力したりするようになる。

「何かを達成しようとするあまり、最初に目指していたものを見失ってしまう」
 というのはよくあることで、特に組織は動き出したら誰も止められなくなるから始末が悪い。
 ここまで悪くなくても、似たような話は多くの人の身の周りにあるはずで、その分悲しく切ない。

 パンフレットを買ってきたので、その写真を見て綾野剛を愛でています。
 写真になれば諸星であると同時にそれは綾野剛で、どんな場面の顔も可愛いんだよね〜
 机の上でうたた寝してるのがお気に入りです♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:33| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

クストリッツァ監督特集上映「ジプシーのとき」感想

 少年が、愛のために大人になろうとし、
 生きるために汚れてゆき、
 嘘をつくことを覚え、
 自分をだまし、
 それゆえ人を信じられなくなり、
 一番大切だったはずの愛を失い、
 純粋さを捨て切れないまま破滅していく物語。

 切なかったぁ……
 また音楽が場面によく合っていて素晴らしいんだ。
 ジプシー音楽はもちろん、セルビア正教会の聖歌なども取り入れたそう。

 ジプシーの貧しさ、ズルくないと生き抜けない悲しさ、などが重要なテーマではあるのだろうけど、どんな国にいても人間は、綺麗なままではいられないところがある。
 ストーリーや一つ一つのエピソードはかなりハチャメチャでありながら、普遍的で、非常に共感出来る話だと思った。

 ジプシーたちが大勢集まり、川に灯火を流す場面が幻想的で美しかった。
 クストリッツァ監督の、夢と現実が混ざり合った世界。
 クセになりそう。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:18| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

気になっている映画の予告



 公式サイトはこちら
 このチラシが0.01秒ほど視界に入っただけで、
「あっ、ゲイ映画だ!」
 と気付いた私は筋金入りの腐女子だと思う。



 公式サイトはこちら
 怖そうだからたぶん見ないと思うのですが、架空の日本のアニメ「魔法少女ユキコ」とそのコスプレ・主題歌が出てくるのが面白い。
 スペインの映画です。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:51| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

クストリッツァ監督特集上映「SUPER8」感想

 音楽ドキュメンタリー。
 うーん、アンダーグラウンドほどじゃなかったかな……
 何となくドラムのリズムがもたれているように聞こえたのだけど、気のせいかしら。
 終わりの方のミュージック・ビデオっぽい映像はステキだった。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:37| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

クストリッツァ監督特集上映「アンダーグラウンド」感想

 映画「アンダーグラウンド」の舞台は1940年代〜90年代のユーゴスラヴィア。
 今の若い人は学校でユーゴスラヴィアのこと教わるんですかね?
 もう地図にはない国で、現在はスロヴェニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、セルビア、モンテネグロ、コソヴォ、マケドニアに分裂しています。

 ストーリーを大まかに説明すると……

 1941年、ユーゴスラヴィアの首都ベオグラードは、ナチスの空爆で破壊された。
 混乱の中、裏稼業でボロ儲けをしているマルコとクロ。
 クロはナチスの将校を銃撃し、将校の恋人ナタリアを誘拐する。

 ナタリアと結婚しようとするクロ。
 しかしマルコはクロを地下の武器工場に押し込め、
「まだ地上ではナチスとの戦いが続いている」
 とウソをついて地下から出さないようにし、ナタリアを自分のものにしてしまう。

 第二次世界大戦終結後、ユーゴスラヴィア政府の幹部となったマルコ。
 クロを戦争で死んだ英雄に仕立て上げ、その逸話が映画化されることになる。

 地上に出てきたクロは映画の撮影を現実と勘違いし、撮影現場でナチスの将校役の男を銃殺する。
「これこそがリアルだ!」
 と大喜びする監督……

 うーん、難しいなぁ。
 実際はクロの奥さんと息子や、ナタリアの弟やマルコの弟など、数え切れないほどの登場人物が出てくるし、それ以上に動物が出てくるし、エピソードも盛り沢山。

 この映画に印象が最も近いのは「ゲルニカ」だと思う。
 スペインの町ゲルニカへの爆撃に対する憤りから生まれたピカソの絵。
 戦争を描いていながら全然リアルじゃない。

 人間や動物はデフォルメされ過ぎているし、ぱっと見でそれが何なのか判断出来ない抽象的な線も多い。
 それでも燃え上がる町の人々の、苦しみや混乱がはっきりと伝わってくる。

 1990年代に入り、ユーゴスラヴィアでは内戦が勃発。
 再び破壊された町でマルコとナタリアは焼死する。
 クロは井戸に飛び込み、深い水路をたどって、不思議な水辺の土地に辿り着く。

 そこには何十年も前にお産で亡くなったクロの奥さんが待っていた。
 行方不明だった息子も、息子のお嫁さんも、マルコやナタリアも元気で、車椅子に乗っていたナタリアの弟は歩けるようになっており、ナタリアとダンスを始める。

 ここは天国なんだ。
 そう気付いた途端、私の目から涙がボロボロこぼれた。
 死ぬことでしか辿り着けない理想郷。
 ここでしか、ユーゴスラヴィアの人々は仲良く暮らすことが出来ない。

 激しいブラスバンドの音楽に合わせてみなが踊り狂う中、どもりだったマルコの弟がくるりと振り向き、雄弁に語り出す。

 苦痛と悲しみと喜びなしには、子供たちにこう語りかけられない。
 昔、あるところに国があったと。




 何年か前にラジオで流れたこの映画のテーマ曲が気になって、タイトルをメモしておいたのです。
 恵比寿ガーデンシネマでこの「アンダーグラウンド」を含めたエミール・クストリッツァ監督特集上映をやると知り、
「どんな話か知らないけど、まあミュージック・ビデオを見るような気持ちで」
 と行ってみた。

 そうしたらまあ、久々に「とんでもないもの見ちまった!」って感じでした。

 エミール・クストリッツァ監督特集上映は2月12日まで。
 公式サイトはこちら

 ウソと狂気と真実が渾然一体となって炸裂する、強烈な物語。
 見て損はないと思います。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 15:35| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

映画「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」感想

 130年前から作り続けているスペイン・バルセロナの教会「サグラダ・ファミリア」についてのドキュメンタリー映画です。
 一昨年開催された美術展「建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦」がすごく良かったので、その映画版っぽい感じかな? と思って。

 美術展がサグラダ・ファミリアの設計者である「ガウディ」に焦点を当てていたのに対し、今回の映画の主役は100%「サグラダ・ファミリア」でした。
 ガウディよりも、現在建築に携わっている人々の様子が丁寧に取り上げられています。

 最も興味深かったのは「生誕の門」を手がけた彫刻家、外尾悦郎と、
 「受難の門」を手がけた彫刻家、ジョセップ・マリア・スビラックスの対比。

 外尾は日本人で、スビラックスは地元、スペイン・カタルーニャ出身。
 外尾は「ガウディが見たものを見たい」とわざわざカトリックに改宗して仕事にのぞみ、周囲に調和した像を作り上げる。
 それに対しスビラックスは「私は無神論者」と言い、現代(キュビスム)的なカクカクした形の像を設置し、大論争を巻き起こす。

 ガウディの精神に寄り添った外尾より、自分の芸術を貫いたスビラックスの方がガウディっぽい感じがするのが面白い。
 だってガウディ自身がそういう、我が道を行く人だったのだから。
 外尾の「相手に合わせる」やり方は、非常に日本人らしいなと思う。

 どちらが正しい・間違っているというのではない。
 外尾とスビラックス以外にも、ステンドグラスの設計者や現場の作業員など多くの人がサグラダ・ファミリアで働き続けていて、それを見に世界中から観光客が訪れる。
 サグラダ・ファミリアはまだ完成していないのに。

 サグラダ・ファミリアという建物そのもの以上に、「サグラダ・ファミリアの建設」というプロジェクトが人々を魅了し、引き寄せる。
 作品を作る過程を作品に含めてしまう、前衛芸術の精神に近いものも感じました。

 ガウディのデザインの美しさは、美術展の方が詳しくて、映画はちょっと物足りなかったかな〜
 これはもう、実物を見に行くべきなのかもしれませんね。
 入場待ちの長い行列が映っていたけど……
 大変そうだなぁ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 16:19| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

映画「A Film About Coffee」感想

 大坊珈琲店の映像が入っているというので見てきました。
 ラジオ講座「英語で読む村上春樹」のテキストにこちらのお店の写真が使われていて、
「うわぁ、行ってみたい!!」
 と思った時には、ビル取り壊しのためすでに閉店……
 表参道なんてしょっちゅう行くのに、私のバカバカ!

 大坊珈琲店の店主、大坊勝次さんがコーヒーを淹れる様子は本当に美しくて、涙が出た。
 店内を暗い色調に整え、シンプルに植物を飾り、カップを選ぶ。
 コーヒー界の千利休って感じ。
 お店には行けなかったけど、動いている姿(「所作」という言葉がぴったり)が記録されていて、見ることが出来て、本当に良かった。

 コーヒー生産の流れもじっくり撮影されており、勉強になった。
 果実を収穫し、精製・乾燥・焙煎等を経て、あの黒いコーヒー豆になる。
 農園の風景も綺麗だったし、農家のおじさんたちも素敵だった。

 アメリカのコーヒー店の部分は、
「水色薄っ! まさにアメリカンコーヒー!!」
 って思った。エスプレッソ好きなのであれは耐えられない。

 日本のコーヒーも浅煎りで薄くて酸味が強いのが多いから、基本がアメリカ式なんだろうな。
 もっと煎ろうぜ、ほうじ茶のように……

 大坊珈琲店のコーヒーは深煎りだったようです。
 大坊勝次さんのコーヒーを味わう会、みたいなのが時々開かれているようなので、機会があれば行ってみたいな。


 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:05| 映画・映像 | 更新情報をチェックする