2013年02月19日

年甲斐もなく

 大好きなブロガーさんに、

 柳屋文芸堂さんからのコメントをめっちゃ期待してこの記事を書いてました

 と言ってもらって、年甲斐もなくキャーキャー喜ぶ私。
 そして「年甲斐もなく」という言葉を使える年齢になってしまったことに感慨を覚えたり。

 ほんと、その人のブログ、素敵なんですよ〜(ここ
 風景と心理の描写が細やかで綺麗で、こんな文章をさらりと書けたらどれだけ幸せだろう、と思う。

 親の仇みたいな雨はきゅうべえの窓を叩き付けて棒状に流れ、
 その向こうで、赤や黄色に色を変える信号は甘いあめ玉みたいだ。

 ※きゅうべえは車の名前

 読んでいると、その出来事が起きている現場にすっと移動しちゃうのだ。
 まるで自分の経験みたいに、水滴で歪んだ街が見えてくる。

 私は滅多に人を羨んだりしないのだけど、自分より文章が上手い人を見ると悔しくなるなぁ。
 そして憧れる。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:15| ネット | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

謎の宣伝

 どこかのブログの宣伝部分に出ていた、

 夫婦関係を改善【14980円】

 というのにウケてしまった。
 こういうのって突っ込んだら負けだと分かっているんだけどさ。
 値段が謎のヨンキュッパ。
 夫婦関係を改善するより、あと20円出して歌舞伎の一等席取るか、とか考えちゃう。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:31| ネット | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

みかんおばけ?

 円城塔が日本に帰ってきたみたいですね。
 別に会える訳じゃないのに、距離が近くなって少し嬉しい(恋だ!)

 彼がTwitterで上げていた動画(パラパラ写真?)が面白かった(これ
 柑橘類の一種で「仏手柑」というらしい。
 円城塔は可愛い物の収集を常に怠らないんだなぁ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:39| ネット | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

無断転載

 2ちゃんねるに私のブログの文章が勝手に転載されてた……
 しかもその書き込みに対して真面目に返事している人がいたりして、腹が立つより妙な気分だ。
 画面の向こう側にいる人に話しかけているつもりなのに、実際はただのコピーでしかない。
 チューリングテストみたいだわ。

 うちのURLを付けるとか、引用だと分かるようにして欲しいな〜
 と、こんな所で書いてもムダなんだろうけど。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:06| ネット | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

論理学者の白雪姫

 今日のGoogleトップはチューリングですね。
 大学のコンピュータの授業で、一番最初にチューリング・マシンについて教わった覚えがあります。
 人工生命の本には、チューリング・テストの話が出てきました。
 一般での知名度はいまいちみたいですが、数学〜情報科学界隈ではかなりの有名人です。

 チューリングはゲイだったと、最近になって知りました(円城塔の本に出てきた)
 犯罪者扱いされた挙句、自殺したらしい。
 可哀想…… だけれども、亡くなったチューリングのそばに、
「齧りかけのリンゴが落ちていた」←Wikipediaより
 ってちょっと乙女チック過ぎやしないか。

 王子様が助けに来てくれるのを待っていたのかな。
 切ないなぁ。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:56| ネット | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

ブルーレット

 とても素敵なブログを見つけてしまい、ほぼ全文読んでしまった……
 特に良かった記事がこれ。

「ブルーレット」

 若い男の子の失恋の話です。
 あまりにも巧いので「創作?」とも思ったけど、どうやら実話みたい。
 ブルーレットという小道具が奇跡のように輝いている。
 いやはや、こんなことがあったら一生忘れられないよねぇ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:16| ネット | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

エンドウ豆記念日

 今日のGoogle先生の玄関、超可愛い!!
 何故エンドウ豆? 旬というにはズレてないか?(エンドウ豆の旬は3月〜6月)
 あっ 分かった! 遺伝学だ。

 つるつる、しわしわ……
 司祭をしていて、ヒマで……

 いや、あんな気の長い実験を丁寧にやり続けたから勝手にそう思っているだけで、本人は、
「ヒマなんかじゃない! エンドウ豆のチェックで毎日大忙しだ!!」
 と怒るかもしれない。私も、
「毎日ブログを書くなんてヒマに違いない」
 って思われたら寂しいもの。

 まあとにかく。
 あの人の名前はなんだっけ。
 エンゲルス……?
 なんか違う。
 じゃあエンゲル?
 これは憎きエンゲル係数の考案者じゃん。
 うーん、うーん……

 負けた! とエンドウ豆のイラストにカーソルを合わせたら、
「メンデル!!」
 そうだったー こういうのって悔しいよね。
 ちなみにエンゲルスは共産主義の思想家、エンゲルは経済学者です。

 メンデルは実験の後、エンドウ豆を食べていたのだろうか。
「毎日、豆、豆、豆で困っちゃう」
 と言いながらグリンピースご飯を炊いたりしたのだろうか……
 スープやカレーに入れるのも美味しいですねぇ(じゅるる)
 って結局食うことばっかりかよ!
posted by 柳屋文芸堂 at 11:31| ネット | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

ブックオフの「宅本便」

 ブックオフの「宅本便」というサービスを利用して、本を売りました。
 「鋼の錬金術師」を全巻そろえるために、スペースが必要だったので。
 家で箱詰めして、佐川急便のお兄ちゃんに持っていってもらう。
 申し込むまでがちょっと面倒だったけど、一回やっちゃえばなんてことない。

 39点(書籍34冊+漫画5冊)に値段がついて、2,117円だった!
 3/1〜3/14は買取金額20%UPのキャンペーン中だったらしい。
 知らなかった。ラッキー♪

 私としては大満足の値段だったのですが、Dちゃんは本を売った経験がないせいか、
「それだけなんだ……」
 と不満そう。
 売れ筋でもなんでもない、地味な本が多かったのに、0円じゃなかっただけでも驚きだよ。
 昔、実家の近所の古本屋で買い取ってもらった時は、もーっと安かったんだから。

 これはクセになるなぁ。
 Dちゃんの本も売っちゃいたい……
 我が家の本棚の95%はDちゃんの本で埋まっているんだもの。
 読み終えた本の置き場がありません!
 スペースを作って〜
posted by 柳屋文芸堂 at 00:07| ネット | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

うたちゃんが選挙に!!

 ブログ「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」のうたちゃんが、新宿区議会議員選挙に立候補すると知って、びっくり!!
 面白い漫画を描く人、のイメージが強かったので、
「政治の方に行っちゃうの?!」
 と。

 でもよく考えたら、漫画はうたちゃんの表現方法の一つで、他にも色んなことをしているんだよね。
 文章も書くし、イベント運営もするし、歌も歌う。
 全ての活動は、
「世の中を変える」
 という目的につながっているのだろう。

 私は千葉県民なので投票出来ませんが、新宿区民の方がもしいたら、

 歌川たいじwebサイト -新宿から明日を拓くネットワーク-

 を見てみてください。
 政策がなかなか具体的で、うちの市の候補者とえらい違いだ…… と羨ましくなりました。
 
 議員になったら、漫画はやめちゃうのかな……?
 ファンとしては、それが一番心配。
 むしろ議会内部をネタに新作をバンバン発表してくれたら面白いのに。
 読者はわがままですね。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:51| ネット | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

岩田聡・宮本茂・糸井重里

 手荒れがなかなか改善しないので、料理作りを休むことにしました。
 しばらくは外食にする予定。
 自分のご飯が好きなので、寂しいわ……
 でもまあ、買い物・調理・皿洗いをしなくて済むのでラクチン♪

 そんな訳で、今日はネット上の文章をあれこれ読みながら、のんびり過ごしました。
 Dちゃんおすすめの、任天堂インタビュー企画「社長が訊く」を見ようと思って、何故かほぼ日刊イトイ新聞の「社長に学べ!」を読破してしまったり。

 どちらも任天堂社長の岩田聡の対談なんですけどね。
 人に何かを伝えようとする時の心構えの話とか(この記事の真ん中あたり)とても勉強になった。
 こういう社長や管理職が増えれば、労働者はもう少し幸せな気持ちで働けるんじゃないか。

 宮本茂(スーパーマリオ等の開発者)と糸井重里の対談(これ)も面白かった。
 何かを作るために、どんな日常を過ごすかが非常に重要だ、という話とか(このあたり
 表現する人全てに言えることだよね。

 しかしまあ、糸井重里ファンという訳でもないのに、結局「ほぼ日」の記事に行き着くことが本当に多いよ。
 興味深いことを見つけるのが上手い人なんでしょうね。
 糸井重里と〇〇の共著、ってのも何冊か本棚に。
 いつも後を追っているみたいで、悔しいわ〜
posted by 柳屋文芸堂 at 00:36| ネット | 更新情報をチェックする