2015年07月11日

最近iPhoneで撮った写真

IMG_0453.jpg

 6月の青空。

IMG_0458.jpg

 実家の紫陽花。

IMG_0467.jpg

 実家の近所のアザミ。

IMG_0473.jpg

 池袋のヨーダ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:39| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

こっち向いて

R0025974.JPG

R0025975.JPG

R0025976.JPG

R0026050.JPG

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:44| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

iPhoneで撮った写真

IMG_0304.jpg

 バルテュス展へ行った時に、正岡子規記念球場というのを見つけて驚きました。
 上野公園で野球を楽しみ、作中でも野球を描いたそう(詳細はこのページに)
 写真は句碑。
「春風や まりを投げたき 草の原」

IMG_0298.jpg

 これは森林公園の蝶。
 小さいレンズなのに、細かいところまで写るもんだなー と感心。

IMG_0303-002.jpg

 サボテンの花。
 こういう目にカッとくる色はカメラに収めると淡くなってしまうことが多いのだけど、まあまあよく再現出来てる。

IMG_0276.jpg

IMG_0275.jpg

 春に撮った花。
 晴れた野外ならiPhoneでもけっこう撮影を楽しめますね♪
posted by 柳屋文芸堂 at 02:12| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

恐怖写真

IMG_0025.JPG

 よく見ると……

IMG_0025-1.JPG

IMG_0025-2.JPG

 鳥びっしり。
 写真はクリックすると大きくなります。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:19| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

私信(その他の花)

 花の写真を送ってくれと言われたので、とりあえずここに上げてみる。

R0023789.JPG

R0022522.JPG

R0022382.JPG

R0022129.JPG

R0022063.JPG

R0021858.JPG

R0021655.JPG

R0021123.JPG

R0020917.JPG

R0020681.JPG

R0020219.JPG

R0020063.JPG

R0019998.JPG

R0019531.JPG
posted by 柳屋文芸堂 at 23:31| 写真遊び | 更新情報をチェックする

私信(桜)

 桜の花の写真を送ってくれと言われたので、とりあえずここに上げてみる。

R0025161.JPG

R0023845.JPG

R0023808.JPG

R0021685.JPG

R0021684.JPG

R0021675.JPG

R0021673.JPG

R0021671.JPG

R0021670.JPG

R0021669.JPG

R0021665.JPG

R0021659.JPG
posted by 柳屋文芸堂 at 23:26| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

フィルム写真の教科書(玄光社)

 写真学校に通うようになってから、フィルムカメラで撮影し、自分で現像・プリントするようになった。
 と言っても実は、数ヶ月に一回しか授業に出ていない。
 何しろデジタルカメラに比べて完成までに時間がかかり、写真を撮りためる事がなかなか出来ないのだ。
 除籍になったらどうしよう。

「フィルムカメラって大変だなー」
 写真がちょっと楽しくなくなってきた。
 いやいや、こんなことではいけない。
 フィルム写真に関する知識が圧倒的に不足していて、それが「大変」という感情の原因になっている。
 まずは勉強しよう。
 
 そう思い立ち、カメラ屋の本売り場へ行って驚いた。
 フィルム写真の本がほとんど無いのだ。
 99%以上デジタル関連。
 いつの間にこんなことになったのか。

 それでもどうにか数冊見つけ、その中で一番役に立ったのがこの本。
 フィルムカメラ、フィルム、写真屋さん、暗室作業などの事が、まんべんなく載っている。
 浅く広くという感じで深さは足りないかもしれないけど、初心者にはこれくらいがちょうど良い。

 この本で知ったレンタル暗室「PIPPO」で写真友達を見つけたり、プリントが前ほど辛くなくなったり、私にとって突破口になったように思います。

 デジタルカメラで写真にハマり、そこからフィルムカメラも始める人が増えている。
 そういう人を優しく導く本、もっとあっても良いんじゃないかな。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:31| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

「そうじゃない」おじさん

 写真の世界には「そうじゃないおじさん」がいるらしい。

 たとえば古いタイプの特殊なフィルムカメラを使っている女性を見かけると、
「そのカメラの使い方はそうじゃない」
 と指導し始める。

 たとえば蓮の花を撮影している女性を見かけると、
「蓮の花の撮り方はそうじゃない」
 と指導し始める。

「いえ、私はこう使いたい(撮りたい)んです」
 と言っても、
「いやいや、そうじゃない」
 自分は正しいことを知っていて、相手は知らないと決めてかかる。

 「そうじゃないおじさん」たちは、良い写真を撮るための技法や手法があると信じているのだろう。
 解説書のやり方で、パチリ。
 お手本そっくりの構図で、パチリ。
「グッと来る写真と来ない写真はどう違うのか」
 なんて疑問を持って、答えが見つからず苦しむこともない。
 確かに楽だ。

 しかしそんな行為だけでは満足出来ない人もいる。
 被写体が放っている「何か」を、いかに損なわずに写真に焼き付けるか。
 「何か」はとても曖昧なものだし、
「この通りやれば大丈夫」
 と言い切れる方法は存在しない。

 「何か」に心を動かされ、撮影する。
 見る人の心を動かす写真が生まれる時もあるし、失敗する時もある。
 それでもなお「何か」を求めて挑戦する。何度でも。

 「そうじゃない」おじさんたちは、その自然な流れを阻害してしまう。
 自覚のない怠慢によって。
 
 全くけしからんな!
 とプンプン怒っていたのだけど、もしかしたらおじさんたちは、単にカメラをきっかけにして女性とおしゃべりしたかっただけなのかもしれない……
posted by 柳屋文芸堂 at 23:12| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

写真のことば

 今日は現像したフィルムをプリントしに、浅草のレンタル暗室「PIPPO」へ行って来ました。
 お店の人が親切で、とても感じが良かったです。

 そこに置いてあった「写真のことば」という冊子が興味深かった。
 デジカメの台頭で急激に数を減らしている、写真屋さんについての文章。
 ネット版はこちら(私が読んだのはVOLUME.5

 実を言うと、私の友人が写真屋に勤めていたのです。
 13年前〜7年前くらいの話で、まさに写真屋さんがどんどん苦しくなっていった時期。
 ベテラン店員がリストラされたとか、先輩の給料が自分とほとんど変わってなくて青ざめたとか、逐一伝え聞いていた。
 その頃は、自分が写真にハマるなんて全く想像してなかったけど。

 新しい波が来た時に、古い側はどんな舵取りをすべきなのか。
 写真屋さんの失敗と成功は、けっこう参考になる気がします。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:06| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

カレーとカメラ

 写真の学校では、カメラの絞りやシャッタースピードや撮影距離を手動で決めるように言われる。
 これって何かに似てるな…… と思って「カレーだ!」と気付いた。

 私はカレーを作る時、市販のカレールウを使わずスパイスを使う。
 基本はターメリック・コリアンダー・クミン・チリペッパー。
 そこにカルダモンやクローブを加えることもある。

 長年これを続けていると、何となくスパイスの効果が分かってくるのだ。
 味をキリッとさせるために、クミンを強めにきかせよう、とか。
 辛さよりうまみを出したいから、コリアンダーを多めに入れた方がいいな、とか。

 市販のカレールウはカメラの「オート機能」に当たるのだろう。
 確かにすぐそれらしいものが出来上がる。
 しかしそればかり使っていると、自分の思い通りのものを作るための能力が身につかない。
 
 カメラもカレーと同じように、とにかく回数をこなすのが大事なのだろう。
 何にでも深入りしてしまう自分に苦笑しつつ。
posted by 柳屋文芸堂 at 10:10| 写真遊び | 更新情報をチェックする