2012年04月15日

写真の学校

 今日は写真の学校でした。
 自分だけレベルが低過ぎてキツかったです。
 小説教室にたとえるなら、みんなはストーリーや登場人物の批評をしてもらっているのに、私だけ原稿用紙と万年筆の使い方を教わっているような。
 おばさんらしいふてぶてしさを発揮して頑張ります。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:04| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

アスファルトに咲く花

R0025104.JPG

 撮影地は浦安です。

 いよいよ明日(日付としては今日)から東京観光写真倶楽部の写真展が始まります。
(紹介ページはこちら
 都庁の展望室は入場無料。
 窓から東京の「上からの眺め」を、写真で東京の「地べたの眺め」を楽しんでください。
 私の写真も一枚展示されます。

 ちなみに慎太郎には会えません(たぶん)
 アルタへ行ってもタモリに会えないのと同じように。

(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画「YELL」に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:16| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

OM-1で大失敗

 この間買ったOM-1というカメラは、手動でフィルムを巻き戻します。
 しかしやり方をちゃんと読まず、巻き戻しクラッチというのを回し忘れ、フィルムをブチッと切ってしまった。
 ううう、Dちゃんとか、近所の梅とか、色々撮ったのに……
 自分の雑さを恨んだ。
 確かに、巻き戻す時の抵抗が強過ぎるとは思ったんだよね。

 Dちゃんが、
「いつか『ど素人写真談義』を書くために、失敗を記録しておかなくちゃ!」
 と嬉しそうに言う。
 ひどいなー(と言いつつ素直にブログに書いてみた)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:32| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

写真の学校、OM-1

 今日は写真の学校(日本写真学院)の二回目の授業に行って来ました。
 先生に言われたのは二つ。

「このまま暴走して下さい」
「物を見る練習のために、一眼レフカメラを買おう」

 暴走は黙っていてもするので、問題は一眼レフ(デジタルではなくフィルム)
 買わなきゃ買わなきゃと思いつつ、ずっと後回しになっていた。

 何しろ高等科だから、みんな自分の好みに合った立派なカメラを上手く使いこなしている。
 コンパクトカメラ(GR1sとGR DIGITAL)だけで切り回しているような変な人は私だけ。
 GRって便利だし写りも良いし不満がないから、新しいカメラに手を出すのがつい億劫になっちゃうのだ。
 しかしここまで来たら、もうマズいだろう。

 さて、いつどこで買うか…… と悩んでいると、受講生の一人のお兄さんが、
「今日、中古カメラ屋に行こうと思って」
 と話している。
「私も連れてってください〜!!」

 店に行ってみたら、サクッと決まりました。
 前から憧れていたオリンパスOM-1!
 価格は本体とレンズ合わせて2万2000円(一眼レフにしては安いよね?)
 在庫が一台しか無かったから、悩む必要がなくて楽でした。

 ピントの合わせ方が面白い。
 ファインダーを覗くと半分に割れた円が見えて、上の半円と下の半円の絵がパキッとつながったらOK、みたい(うーん伝えるのが難しいなぁ)
 このカメラで撮影された好きな写真がいっぱいある(これとか)
 私も、今までとはひと味違う写真が撮れるといいな〜
posted by 柳屋文芸堂 at 01:18| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

写真の学校

 昨日から写真の学校(日本写真学院)が始まりました。
 去年の春〜夏、ここの初等科に通っていて、今度は高等科。
 他の受講生は日常的に暗室へ入ってバリバリ現像やプリントをしているような人たちで、自分のレベルの低さに半泣きでした。

 でも「柳屋まんぷく文庫」の香川旅行記と鳥取旅行記を持っていったら、
「これはこれで良い!」
 と言ってもらえてホッ。
 写真は下手だけど、やりたいことはかなりはっきりしているので、そこは評価してもらえたのではないかと。

 こういう旅行記をもう一冊作りつつ、もっとじっくり物を見て撮る写真もやっていきましょう、とこの講座での私の方針が決まりました。
 他に人がいると写真に時間をかけられないので、一人旅をしなければ。
 場所は現在考え中。
 
 授業はゼミ形式で、わいわいおしゃべりしながら進む。
 それぞれ目標や悩みが違っていて面白い。
 高い技術を持っていても、
「どこかで見たことのあるような写真」
 しか撮れなくてそこから抜け出したいと思っていたり。

 結局、文章も写真も同じだよね。
「自分の描くべき(撮るべき)もの」
 を見つけて伸ばしていくしかない。
 憧れる作品があっても、マネするんじゃなくて栄養にしなければ。
 難しいのだけど。

「何をやっても上達しない」
 という特徴を持つ私!(全然自慢にならない)
 写真が上手くなるかは怪しいところですが、世界を見る目が少しでも鋭くなると良いな、と思います。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:57| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

0番線の列車

R0023704.JPG

 鳥取の鬼太郎ランド(境港)へ行く時に乗った境線です。
 妖怪列車もいいがこの古い車両もいい。

(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画「レトロ」に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:17| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

マクロフォトコンテスト

 「みんなのマクロフォトコンテスト」に投稿してみました〜
 TwitterかFacebookをやっている人は投票に参加してみてください。
 私はどちらのアカウントも持ってないので見てるだけです。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:17| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

小豆島 寒霞渓

R0024021.JPG

(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画「輝き」に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 02:48| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

白と黒

R0024145.JPG

 写真教室で撮った写真をDちゃんが気に入ってくれた…… のはいいけれど、
「先生が選んでくれたんでしょ?」
「先生が枠の位置を決めたんでしょ?」
 と先生のことばかり褒めるので、
「この写真は、のりが撮ったんだ〜!!」
 と大暴れした。
 プンプンプン!!

 そりゃあまあ、先生のアドバイス&技術指導がいっぱいあった上での作品ですがっ
「上手に撮れたね〜」
 って素直に言えばいいじゃんか!

「幼稚園から帰ってきた子どもがお母さんに絵を見せて、
『ま〜 ずいぶん先生に手伝ってもらったのね〜』
 と言われたらショック受けるでしょ!!」
「そうだね、うんうん、よく頑張ったねー」
「何だよ、子ども扱いするな〜 ムカ〜」

 当方、今年で34歳。
 精神の成熟は全力で拒否しております。

 でもさ、Dちゃんってば、ちょっと私の扱いが下手だと思いませんか。
 プンプンプン!
posted by 柳屋文芸堂 at 00:17| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

フィルム売り場

 コダックの「エリートクローム エクストラカラー 100フィルム」というのをまとめ買いした。
 他のフィルムより、赤の発色が好みな気がしたので。
 昔のピンクハウスの袋みたいな、ちょっとくどめの赤。
 何だかもう夢中です。
 
 有楽町のビッグカメラには上に書いたもの以外にも、色々フィルムがそろっていました。
 イタリアの会社の「ソラリス」とか。

 でも、昔に較べると減ったよね〜
 10年くらい前までは、生鮮食品売り場のように冷蔵棚がずらっと並んでいて、
「何でフィルム冷やしてんの?!」
 とびっくりしたものです。

 今日久々に行ってみたら、片隅に追いやられている感じでした。
 古くからのファンは寂しい思いをしているのでしょうね。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:09| 写真遊び | 更新情報をチェックする