2019年06月11日

「東京の梅雨、熊本の梅雨」メイキング



メイキング、お好きな方がいるようなので、ちょこっと書いてみます。

コンビニのネットプリントを使った創作企画、第2回ペーパーウェルで、きぃちょんさんが配信してくださった紫陽花柄の原稿用紙が、期待以上に美しかった!

この原稿用紙に合う文章を書いてみたくなる。

紫陽花か梅雨の話…… 出来ればきぃちょんさんが喜んでくれるような…… きぃちょんさんは熊本の方……

自作BL「翼交わして濡るる夜は」の登場人物で、熊本出身の翼の話にしよう。会話の相手は恋人の司。東京にしか住んだことがない。

村上春樹「ラオスにいったい何があるというんですか?」の中に「熊本の梅雨は長くてきついよ」というセリフがあったな。東京とそんなに違うのだろうか?

東京と熊本の6月の降水量をGoogle検索。東京が167.7mm、熊本が404.9mmで、確かに全然違う。

「熊本の梅雨」でツイッター検索。熊本の梅雨は雨が強く降り、蒸し暑いらしいことが分かった(私は熊本に旅行で行ったことはあるものの、2月だったので熊本の梅雨は体験していない)

降水量と気温以外で、熊本と東京の梅雨に違いはあるだろうか。熊本は江津湖の芭蕉が印象的だった。東京では見たことのない風景。2月には枯れていたけれど、梅雨の頃はどうなっているのか。

「6月 江津湖 芭蕉」でGoogle検索したところ、ホタルの情報が出てきた。梅雨の少し前が見頃らしい。よし、これも書こう。

iPhoneに入れてあるテキストエディタ「iText Pad」のレイアウトを「原稿用紙タテ20」に設定し、本文を書き始める。翼と司の性格を踏まえつつ、20マス×20マスに綺麗に収まることを優先して言葉や漢字を選んだ。

本文を書き終えたら「表現したかったこと」と「書いた文章から受け取れること」に差がないかチェック。例えば最初、
「親に挨拶しなくて良いから!」
と書いていて、
「別に挨拶くらいしたって良いよな。司は結婚の挨拶みたいなことをする勇気がないんだ」
と思い、挨拶の前に「そんな」を入れた。

タイトルは本文を書き終えた後、いくつか候補を出し、内容そのままのシンプルなものを選んだ。

賀茂なす万年筆で原稿用紙に書き写す。インクをこすらないよう左の行から。

カラー印刷したコピー用紙、インクを弾いたりすることもなく書きやすかった。賀茂なすインクの上品な紫が紫陽花柄に合ってニヤニヤ。

自分の持っているカメラ(古いiPhoneと、さらに古い広角単焦点デジカメ)で手書き文字を上手く撮影出来ず困っている。暗くなったり明暗差が出来たり文字の一部がピンぼけになったり。天気の良い日に窓辺で絞りを絞って少し離れた場所から撮ればマシになるかなー 晴れるまで待てなくて難あり画像でごめんなさい。

こんなところかな。本文もメイキングも楽しく書けました♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:00| ショートストーリー | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

アニメ「ゴールデンカムイ」感想

 dアニメストアで「ゴールデンカムイ」第1期・第2期(第24話まで)見ました。

 テレビで放送していた頃、
「人がばんばん死ぬけど、ほのぼのグルメ漫画」
「女ではなく男が脱ぐ」
 というような感想ツイートを見て「?」と思っていましたが、こういうことだったのか〜 と。

 こんなに男色度の高い作品とは思っていませんでした。
 ラッコ鍋回(第20話)に温泉回(第21話)それ以外にも色々と。
 私は大好きですが皆さん大丈夫なんですか……?(とTwitterで検索してみたら楽しんでいるようで何よりです)

 杉元は優しく、アシリパさんは美しく、白石は可愛く、みんな愛おしい。
 谷垣、尾形、キロランケも、それぞれ異なる色気があって良いですね。

 原作も読んでみたいけど、漫画は置く場所がなぁ〜
 物語はまだ完結していないので、最後までしっかりアニメ化されますように。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:02| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎(第6期)」感想

 2018年4月から放送している鬼太郎の、第1話から第56話まで、dアニメストアで一気に見ました。

 私はねこ娘が大好きで、子供の頃にやっていた第3期の作品では、鬼太郎がユメコちゃんのことばかり心配するのがイヤだった(ユメコちゃんは第3期にだけ登場する人間の女の子です)
 第6期のねこ娘はモデル体型と美貌を手に入れ、
「これで人間の娘にも負けない! やったー!!」
 と思って見ていたけれど、鬼太郎はねこ娘の容姿なんてどうでも良いって感じですね。

 どんな姿で描かれていても、ねこ娘は鬼太郎のことをいつも思っているし、とっても良い子なんですよ……! 幸せにしてあげて鬼太郎……!!

 印象的だった回を中心に感想を。

☆第7話「幽霊電車」

 最初「?」となる場面がいくつか続き、最後に「そういうことだったのか!!」と。
 構成が上手かった。
 この電車に乗せるべきブラック企業の社長、いっぱいいそうですね。

☆第20話「妖花の記憶」

 第二次世界大戦の南太平洋での戦いを扱っていたのが良かった。

まなちゃん「日本が一方的に攻められて負けた、みたいに思ってた」
目玉おやじ「日本も他の国に攻め入り、戦ったりしとったのじゃよ」

 大事なこと言ったー!
 日本で戦争の話というと、被害の話になりがち。
 攻撃した記憶は、攻撃された記憶以上に、人を傷付けるのだろうか。

☆第30話「吸血鬼のハロウィンパーティー」

 ねこ娘と、ねこ娘のコスプレをしたまなちゃんが一緒に戦う。
 こういうの、双子コーデというのかな? 可愛い〜!

 敵が女吸血鬼で、血を吸われて吸血鬼にされるのも女だけ、という女の子回。
 百合的妖艶さがあった。

☆第38話「新春食人奇譚 火車」

 56話中一番好きなのはこれ!
 まず死体を食う火車を使ったねずみ男の商売がエグい。
 その後の「これってもしかして、俺たち入れ替わってる?!」展開が楽しい。
 さらに最後の目玉おやじの反撃が斬新!

 新春らしくサービス満点の回でした。
 めでたいのかは不明だが……

☆第38話「雪女純白恋愛白書」

 暑苦しい人間と雪女の恋愛話。
 ゲームで徹夜して戦えなくなる鬼太郎!
 笑える場面やセリフが多くて面白かった。

 ラスボス的存在だった「名無し」の発声が能っぽいなー と思って声優さんを調べてみたところ、担当している銀河万丈さんの趣味が「謡曲(能の中で謡われる音楽)」で「やっぱり!」となった。
 古典芸能の技術が現代の表現に力や深みを与えることが多くある。
 シン・ゴジラの動きの元になった狂言の野村萬斎、君の名は。の三葉の舞を振り付けた歌舞伎の中村壱太郎、等々。

 古くからある芸術は、たとえ商業的に成り立たなくなったとしても、未来の表現の幅を狭めないために大事にしなければいけない、と改めて思った。
 それが文化の厚みというものだ。

 ねずみ男の商売が上手くいっていると、その後転落することも含めて、妙に嬉しくなってくる。
 何でしょうね、あのワクワク感。

 おいしい話を見ても、裏にねずみ男(というか、ねずみ男のようなよこしまな気持ち)が存在するような気がして、近寄れなくなった。
 妖怪やお化けの話には「恐れること」を教える効果があるんだな、と。

 他には、すねこすりの話が切なかったり(第6話)人間のような姿に変身した目玉おやじが格好良かったり(第14話)鳥取の境港と大山が舞台の話があって、もう一度行きたくなったり(第16・17話)その大山の烏天狗が恋をして修行に身が入らなくなるのが可愛かったり(第32話)あずきを食べたくなったり(第31話)泥田坊の話で何が「正しい」のか分からなくなったり(第54話)とにかく大好きな妖怪たちの活躍を満喫しました。

 全体として、泣かせる人情ものや戦闘シーンより、現代の問題を取り入れた展開や、笑える話が私の好みに合っていて良かったです。
 エンディング曲の一つ「GET A NOTE」が気に入って買っちゃいました。
 鬼太郎の放送はまだ終わっていないので、続きも楽しみ♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:00| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

銀座の文房具屋

☆モンブラン銀座本店

 貧乏そうな見た目の(そして本当に金のない)私にも店員のお姉さんは優しくしてくれました。
 優しさに飢えたら万年筆屋さんに行くと良いよ……!

 雑誌で知って憧れていたロイヤルブルーのインクを試し書きしたところ、思ったより紫でびっくり。
「あじさい色ですねー!」
 と言ったら、ホメロスという限定インクも見せてくれた。
 そちらの方が青みが強く、イメージに近い。

 インクは実物を見ないと分からないな、ほんと。

 万年筆だけでなくカバンやサイフも扱っており、全てにあの白い山頂のマークが付いていて、不思議な感じ。
 初めてモンブランのインクと万年筆に触れることが出来て幸せでした。

☆銀座伊東屋本店

 銀座に行くとつい寄ってしまう伊東屋。
 万年筆売り場ではセーラーの特殊なペン先(コンコルドなど)が自由に試せるようになっていて面白かった。太かった!

 ペリカンのM101Nも机上に立ててあり、店員さんに頼まなくても試し書き出来るようになっている。
 EF(極細)のペン先が特に、紙に当たる瞬間のふわっと柔らかい感触が素晴らしく、書きやすかった。
 5万円か〜 うう。

 ペリカンの万年筆も憧れなのです。ペリカン親子のマークも可愛い。

 やっぱりモンブランとペリカンは素敵だな〜
 ほわわ〜んとしながら、プレピー05(300円)でこの文章の下書きを書いたのでした。
 プレピーも書きやすいし愛おしいよ!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:40| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

生クリーム専門店「ミルクカフェ」

 神宮前にある「ミルクカフェ」に行ってきました。
 生クリーム専門店、と銘打っているだけあって、乳製品好きにはたまらない食べ物がいっぱい……!
 お菓子だけかと思ったらドリアもあった。

 ああ、どれもこれも全部食べたい……食べられる気がする……
 空腹で判断力を失っていた私は、3種チーズのクリーミードリアと、

IMG_1021.JPG
↑サラダとスープも付いてくる

 生クリームチーズケーキを頼んでしまった。

IMG_1019.JPG

 どちらも濃厚で美味しい……つまり満腹……満腹過ぎる……今日はもう夕飯いらないです……

 健康のことを考えたら片方にしておいた方が良かったかも。
 しっかり食事をしたい気分だったし、クリームたっぷりのデザートの写真を見たら、我慢するのは無理でした。

 タピオカドリンクを期間限定で販売しているテイクアウトブースは行列でしたが、店内は待たずに入れました(平日の、昼でも夜でもない中途半端な時間だったからかも)
 いつも通っている美容室のそばにあるので、また行こうっと!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 15:03| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする