2018年08月22日

星野ルネ「まんが アフリカ少年が日本で育った結果」感想

まんが アフリカ少年が日本で育った結果
まんが アフリカ少年が日本で育った結果

 ネットで見かけた漫画がほのぼのしていて良いなぁと思い、書籍版を楽しみにしていました。
 ルネさんは見た目100%アフリカ(カメルーン)人、4歳直前に来日し兵庫県姫路市で育ったので、日本語(関西弁)がほぼ母国語。
 カメルーン人が日本人の集団の中で暮らす、という特異な状況に対して、ルネさん御本人や周囲の人が「関西弁でツッコミを入れる」
 この「異文化の接触」と「関西弁」の相性が良いんだな。
 いっぱい笑った!

 人間というのは「イメージ」によってこの世界を把握している。
 「外国人」のイメージ→日本語を話せない。日本のことをよく知らない。英語を話す。
 関西弁とフランス語を話し(日本で育ったから当たり前に)日本のことを知っているルネさんは、周囲の人々の「イメージ」を飛び越えてしまう。

 ルネさんは戸惑う人々を批判しない。
 あまりに度々でうんざりもしているだろうけど、あきれつつ怒らないでツッコミを入れてネタにして楽しんでいる。

 人間は何故ここまで「イメージ」に囚われるのか。
 今、目の前にある世界を「全く知らない状況」として毎回一から把握していくのは大変だ。
 「イメージ」によって世界を単純化すると、考えたり想像したりする回数を減らせる。
 そうやって無意識に思考や時間を節約しているのだろう。
 「イメージ」に合わない人を犠牲にすれば済むだけだ。

 人間の脳にはあるがままの世界を受け入れる力があると、私は信じている。
 たくさん考えたり想像したりすれば良いのだ。
 漫画や小説のような「物語」は、イメージを作りもするし、壊しもする。
 ルネさんの漫画は良いイメージを作り、狭いイメージを壊している。

 関西の人が描く「おかん」って素敵ですね(これもイメージだ)
 又吉直樹やダウンタウンの松ちゃんがエッセイの中で描くおかんを思い出す。
 民族衣装を着て入学式に来て、カメルーンのピリ辛スープをお弁当に持たせたりする「おかん」
 お母さんというのはおおむね素晴らしいものなのだろうけど、イタリア人と関西人は躊躇せずに母への愛を表現する。

 ルネさんの漫画は色彩が明るく鮮やかで美しい。
 本の三分の一くらいがフルカラーなのが嬉しかった。
 ヤシの木やパンの実など、日本では馴染みのない植物、食べ物の紹介も興味深かった。



 これは私がルネさんを知るきっかけになったツイート。
 最近の作品のようで、今回の本には入っていない。
 続刊を楽しみにしています♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:32| 読書 | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

ネギだれ

【作り方】
1、青ネギ(1束)を小口切りにする。
2、青ネギにしょうゆ(大さじ3)をかけて混ぜ、しんなりさせる。
3、しょうが(小さめ1片)をすりおろして加える。
4、酢(大さじ2)と芝麻醤(大さじ1)を加えて混ぜる。

これを冷ややっこにかけて食べたらDちゃん大喜び♪
芝麻醤は担担麺を作った時の余りなのだけど、便利だな!

私「芝麻醤は『ぼーぼーどり』にも使えるって書いてある」
D「バンバンジー(棒棒鶏)ね……」
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:51| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

映画「モアナと伝説の海」感想

 ポリネシアのお話ということで見てみました。
 最近、太平洋の島々の文化にハマっているのです。

 島の生活の様子や、入れ墨で語られるマウイの神話が興味深く、面白かった。
 海を渡る先祖の船団、星を読む航海術の描写も良かった。

 映画に出てくるダブルカヌー、国立科学博物館の地球館地下2階に3分の1模型がありますよ!
(写真と説明はこちら この間見てきた)


 
posted by 柳屋文芸堂 at 18:57| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

第7回テキレボレポート(交通・宣伝・販売編)

第7回テキレボレポート(人々編)の続き)

☆交通
 これまで地下鉄の浅草駅を利用していたのですが、毎回大荷物を持って階段を上る羽目に陥ってました。今回、つくばエクスプレスの浅草駅から行ったところ、これが大正解!

 エスカレーターやエレベーターが分かりやすい場所にあってすぐ乗れる。
 浅草ゆかりの文化人、コメディアン、役者などの似顔絵(これ)と解説が見られる。
 浅草らしい雰囲気の、奥山おまいりまち商店街を通るのが楽しい。
 この商店街に「木馬亭」がある。これは江戸川乱歩「木馬は廻る」で知られる木馬館の跡地に作られたもの。
「ここで乱歩と朔太郎が……」
 ってやれる訳ですよ!!

 まあそれはともかく、段差を気にせずに会場までたどり着くことが出来ました。
 二天門のスロープが木製なのがちょっと気になるくらい。
 もっと早くにこっちの駅を使えば良かった……

☆宣伝
 チラシ置き場のチラシがあまり減っていなくて、もっと自分のスペースで頑張って配れば良かったな〜と。あと、別のイベントでも使えるチラシにすれば捨てなくて済んだな〜と。

☆お買い物代行サービス
 お買い物代行サービスの当日にやる作業、どうにか出来てホッとした。
 現在の方法になってからは初めてで、実際にやってみれば「こういうことか」と思うけど、説明を読むだけではいまいちつかめなくて。
 次回は全部袋に入れてチラシを封入したい。

☆その他
 コスプレが華やかだった。
 浴衣・着物姿の方が多かったのも素敵だった。

☆販売
 売上金額が過去最高でした。
 凝った本が多い中、こんな地味な本を手に取って下さる方がいること、本当に感謝します。

IMG_0822.JPG
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:35| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」感想

 東京国立博物館の平成館で開催中の縄文展に行ってきました〜
 土器だらけだった!
 ちょっと今、石器気分で、土器を見ても上の空だったのだけど(すまん。当時の人々の暮らしぶりの方に興味があって)それでも立体的に盛り上がり、中空部分があったりする縄文土器は迫力があって美しかった。

 他の国で出土した土器は、表面がつるっとしているものが多いらしい。
 縄文土器のように表面に凸凹のある模様を付けるのは、世界でも珍しいようだ。

 会場に少しだけあった石製品(石斧など)と、国立科学博物館の常設展にあった石製のナイフで、石器気分を満たしました。
 楽しい一日でした。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:52| 美術 | 更新情報をチェックする