2018年07月06日

映画「パンク侍、斬られて候」感想

 簡単に言ってしまえば、バカバカしい教義を持つ新興宗教が暴走する話。
 偶然とはいえ麻原彰晃の死刑が執行された日に見ることになり、感慨深かった。

 乗る電車が一本違っていたら、地下鉄サリン事件に巻き込まれていた、という友人がいた。
 別の友人は「大学の必修科目の宗教の時間に、先生がオウムの話ばかりする」と嘆いていた。
 後輩たちはふざけて、オウム真理教の信者がする踊りを踊っていた。
 あの時期、信者に限らず多くの人がオウムに熱狂していた。

 バカバカしい教義を持つ新興宗教の暴走、は私にとって全くバカバカしい話ではない。
 それは現実にあったことだ。
 原作者や監督がオウムを意識したかは分からない。
 そういう現象はオウムに限らずしょっちゅう起きることだから、何がモデルかはどうでも良い。

 バカバカしいほど残酷な現実から目をそらすために、人はいつでもバカバカしい何かに熱狂することを求めているのかもしれない。

 言葉、特にナレーションが過剰な映画で、それが不思議と心地よい。
 下手なやり方だと、
「言葉じゃなく映像で説明して!」
 と思っちゃうところだけど、
「ああ、この言葉は全部必要だ」
 と感じられた。

 私は「パンク」を「虐げられた者たちによる攻撃的表現」ととらえている(正しい定義かは分からない)
 その意味では、白痴の超能力者であるオサムが最もパンキッシュであるような気がした。
 彼の異常な怯えや愚かさには説得力があり、一番強く感情移入した。

 二年前、天下無敵のムービースターであるところの綾野剛に恋をし、作品を色々見ているうちに、私は映画やテレビドラマに飽きてしまった。
 「盛り上がりの型」のようなものを感じ「もうそれお腹いっぱい」という気分になってしまったのだ。
 「パンク侍、斬られて候」はそういう型を利用しつつ、程よく壊してもいて、楽しく見ることが出来た。
 こういう作品に出てくれてありがとう、という気持ち。

 今回は脱がない(よね?)けど、お尻はいっぱい出していた(よね?)
 
posted by 柳屋文芸堂 at 19:57| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

イベントページを更新しました

そちらの記事をそのまま貼り付けておきます。

***************

2018年7月16日(月・祝)に開催される第7回Text-Revolutions(テキレボ)に参加します。
文章系同人誌の即売会です。
会場は浅草の都立産業貿易センター台東館 4階(交通アクセス・地図はこちら
11時開場〜16時閉会。入場無料。
ブース番号は【G-16】



柳屋文芸堂はボケ倒しグルメBL「翼交わして濡るる夜は」を出します。
Webカタログの紹介ページはこちら
遊びに来てね♪


↑実物とは異なりますが、こんな感じのシンプルな表紙にする予定です。


↑参加する企画

2018年11月25日(日)に開催される第二十七回文学フリマ東京にも申し込みました。

頒布物一覧
気になる本がもしあれば、郵送します。
希望する本のタイトルをメールで送ってください。
アドレスはメール.JPG

今までに参加した同人誌即売会

今までに参加・開催した写真展
posted by 柳屋文芸堂 at 12:07| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

Text-Revolutions(テキレボ)の「お買い物代行サービス」の受付開始のお知らせ

 2018年7月16日(月・祝)に文章系同人誌の即売会、第7回Text-Revolutions(テキレボ)に参加します。
 その準備会が行ってくれる「お買い物代行サービス」の受付が始まりました。
 お買い物代行サービスがどんなものか、こちらの漫画が非常に分かりやすいので見てみてください。



 準備会のお知らせ、申込ページへのリンクはこちら。





 カタログの、私のページはこちら

 送料と手数料700円がかかり、売り切れの場合でも手数料は返却されない、という注意点はありますが、会場から遠いところにいても即売会に参加した気分を味わえる、楽しいサービスだと思います。
 東京から離れた場所にお住まいの方、遠出や外出が難しい方はぜひご利用ください。

 お近くの方、出かけられる方は当日会場(浅草の都立産業貿易センター台東館)でお会い出来たら嬉しいです。
 読者さんの顔を直接見ておしゃべりしたいので。
 ブース番号は【G-16】です。

 お買い物代行サービス、当日ともによろしく願いします〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:01| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

「Khadi インドの明日をつむぐ」感想

 昨日、六本木の「21_21 DESIGN SIGHT」で開催中の「Khadi インドの明日をつむぐ」という展示を見てきました。

 Khadi(カディ)というのはインドの織物の名前です。糸車を使って紡いだ糸を、手織り機で織り上げる。素朴ながら薄くて繊細な布地。全ての工程が手作業で、それが独特の風合いを生み出している。何より暑い時に着たらすっと汗を吸い取ってくれて涼しそう。
 糸の密度を変えて濃淡を出し、格子柄にしているものとか、綺麗だったなぁ!
 芯を入れずに布だけで作るという、丸いボタンも可愛かった。

 機械の方がずっと早く大量に生産出来るのだろうけど、私は手で作り上げた美しいものに強い憧れがある。指先の感覚でしか表現出来ないものはまだまだ沢山あると思うし、「作る」という行為が人の心に与える影響を重視しているせいもある。
 効率的な生産を否定したいのではなく、目的によって使い分けたい。
 選択肢の一つとして、消えてしまいやすい手工芸を守れたら、と願う。

 小規模な展示なので30分くらいで回れた。映像を全部じっくり見たらもう少しかかるかな。
 珍しくDちゃんと二人で鑑賞し(いつもは忙しくて私一人の時が多い)その後、南イタリア料理のお店「Napule」でホタルイカのパスタを食べて、ゴールデンウィークの楽しい思い出になりました♪

 Khadiの服、欲しいな〜 真夏に着たい!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:17| 美術 | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

カツオのたたき

 先週末、門前仲町のWARAIYA(わらいや)でカツオのたたきを食べた。
 高知伝統の調理法であるらしい「藁焼き」料理が楽しめるお店。

 行く前に「写真を撮るぞ〜」と意気込んでわざわざカメラを持っていったのに、目の前に出てきたら無我夢中で食べてしまって、
「あっ! 写真撮るの忘れた!!」
 と気付いたのはカツオのたたきが半分くらいになった後だった。

 分厚く切られた香ばしいカツオに、にんにくを載せて塩を付けていただく。大変美味しい。
 いつか本場の高知に行って食べてみたいですね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:18| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする