2017年01月07日

唐橋史「さんた・るちやによる十三秒間の福音」感想

「私が事切れるまでのあいだ、数をかぞえてくださいませんか」

 タイトルにある「十三秒間」というのは首を切られてから死ぬまでの時間。
 近世初期のキリシタン弾圧の話で、メインとなるのは斬首刑の場面です。

 この十三秒間に何が起き、それによって周囲の人々にどんな変化が起きたかは克明に描かれているが、十三秒間の意義についての説明はない。
 解釈は読者に委ねられている。

 この作品を読んで、私はジョージ・オーウェルの「絞首刑」という文章を思い出した。
 一部引用してみる。

「奇妙なことだが、その瞬間まで私は、一人の健康な、意識のある人間を殺すということがどういうことなのか、まったく分かっていなかった。ところが、囚人が水たまりを避けようとして脇にのいたのを見たとき、盛りにある生命を突然断ち切ってしまうことの不可解さを、その何とも言えぬ不正を悟った」

 生きている者はいつか必ず死ぬ。
 その運命からは誰も逃れることが出来ない。
 にもかかわらず、死が本当のところどんなものなのか、誰も知ることは出来ない。
 知った瞬間にそれについて語れなくなる、それが死だ。

 るちやがもたらした十三秒間は、人々に死の本質を教えたのではなかろうか。
 理屈ではなく、体に感じる震えとして。
 自分とは無関係であったはずのキリシタンが、まさに自分の人生の先にある死の体現者として迫ってくる。
 その世界を一変させるような恐怖。

 全ての人にとって謎であり、全ての人が辿り着く「死」
 どれだけ時代が変わっても、物語を生み出す最大の源泉であり続けるだろう。

さんた・るちやによる十三秒間の福音 -
さんた・るちやによる十三秒間の福音 -

 短編集で、表題作の他二編が収録されている。
 ぼんやりしているけど優しい「のろ八」が、幕末の壊れてゆく江戸を右往左往する「smile」も切なくて良かった。

 ちなみに「絞首刑」が入っているのはこちら。

象を撃つ―オーウェル評論集〈1〉 (平凡社ライブラリー) -
象を撃つ―オーウェル評論集〈1〉 (平凡社ライブラリー) -

 オーウェルは若い頃、警察官をしていたので、「さんた・るちやによる十三秒間の福音」の主人公である同心・孫四郎と仕事が似ています。
 孫四郎はその後どんな人生を送ったんだろうな……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:06| 読書 | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

映画「のぼうの城」感想



 埼玉県行田市にかつてあった忍城(おしじょう)の物語。
 城の人たちと村人たちの距離が近くて、風の谷のよう。
 田植えを終え、村中が緑に輝き、城主のいとこである「のぼう様」も喜び踊っている。

 そんな田舎城に、豊臣秀吉の軍が攻めてくるという。
 どうしてここで戦わなきゃいけないのと切なくなった。

 この時代の戦い方ってえげつないんですね〜
 鉄砲ガンガン使うし、油をまいて火を付けたりもする。
 挙句の水攻め。
 小さな城一つを落とすために、あたり一帯を水浸しにするなんて、石田三成、酷くないですか……

 のぼう様を演じたのは狂言師・野村萬斎。
 戦うのが当たり前の時代に「平和に楽しく暮らしたい」と願うのは、まさに狂気。
 まっとうで、だからこそ愛される狂いっぷりを、舞と歌で見事に見せてくれました。

 戦いの話だから、当然死者も沢山出てくる。
 それでものぼう様の祝祭的なキャラと演技のおかげで、正月最初に見る映画にぴったりでした。
 何も考えずに選んだのだけど。

 最後の方に現在の行田市の映像が流れてニヤニヤ。
 のぼうの城に行けなかった行田旅行記(これ)もぜひどうぞ〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 17:02| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

冬の京都旅行(京都のお漬物編)

この記事の続き)

 坂本ケーブルを降りた後、バスで比叡山坂本駅に行き、JR湖西線で京都駅に戻った。
 やはりこのルートが断然早い。
 乗り継ぎも悪くなかった。

 「京都駅ビル専門店街 The CUBE」にあるお漬物屋さん「西利」で二度目の昼ごはんを食べることに。

R0026534.JPG
↑Dちゃんが注文した京漬物丼

 私も同じものにしようかと思ったが、白みそのみそ汁が付いてくるところに「う〜ん」となった。
 昨日から白みそ責めなんだよなぁ……
 漬物丼に未練を感じながらも、私は漬物の天ぷらとうどんのセットにした。

R0026535.JPG

 まあ不味くはなかったけど、
「わざわざ揚げなくても良いのでは」
 と考えてしまう味。

 Dちゃんの漬物丼は美味しかったそう。
 やはりそちらにすべきだったか……

 しかし私のうどんも美味しかった。
 細くて柔らかい麺に、ダシの利いた淡い色のかけ汁。
 これが標準的な京都風のうどんなのだろうか。
 関東風や讃岐とはずいぶん違う。

 西利ではお土産用の漬物も買った。
 珍しいタケノコと山椒の実の漬物と、京都らしいレンコンの白みそ漬け。

 伊勢丹の地下に行くと、こちらも漬物売り場が充実していた。
 漬物の相談に乗ってくれるソムリエみたいな人までいる。
 ここでは茎屋の千枚漬と、赤尾屋のはりはり漬を購入。

 そしてまた懲りずに朽木旭屋へ!
 店員さんが嬉しそうに迎えてくれる。
「今度はお土産用ですか?」
「いえ、自宅用です……」

 24時間以内に3回も行ってしまった。
 それだけの価値のあるお店だ。
 家でもあの鯖ずしが食べられると思うと嬉しくて仕方ない。

 家族のお土産に千代紙細工の小物を買い、17時半頃に東京行きの新幹線に乗った。

「今回、思ったより楽しめたよ」
 とDちゃん。
「のりが良い表情を見せてくれるから。平凡な寺でも、のりと行くと楽しい」
「延暦寺を平凡な寺と言うのはマズいのでは」

 最盛期の比叡山はどんな様子だったのだろう。
 焼き討ちがあったせいか、城址のような静けさのある寺だった。

 美味しいものを食べて、鐘を打って水琴窟の音色を聴いて。
 私は京都へ行く前より、ずっと元気になっていた。
 
(冬の京都旅行 終わり)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:28| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

利尻昆布のお雑煮

 今年のお雑煮は利尻昆布でだしを取ってみた。
 汁が澄んだ色になり、これまでで一番見た目の綺麗な雑煮になった。

「うどんのスープみたいな香り」
 とDちゃんに言われたのが面白かった。
 関西風のかけつゆに近いのかもしれない。

 ほっとするような穏やかな味。
 具は小松菜と鶏肉と人参、三浦大根と京都の海老芋も入れました。

 利尻昆布を袋から取り出す時、手触りがさらさらと柔らかく、
「やっぱり高級な昆布は違うなぁ!」
 と感心した。

 ひっぱり出してみると、昆布ではなく説明書だった。
 そりゃ紙はさらさらと柔らかいよ……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:15| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

歳時記を買ってみた

 現在、俳句の本を読んでいて、

芸人と俳人 -
芸人と俳人 -     ←これ

 歳時記に興味を持ち、買ってみました。

合本俳句歳時記 第四版 -
合本俳句歳時記 第四版 -  ←これのアプリ版

 簡単に言えば季語辞典ですね。
 意味に加えて関連する単語や俳句の作例が載っているのが面白い。

 歳時記を使いこなして、文章で表現出来るものを深く、細やかにしていけたら良いなと思う。
 今年も心を満たしてくれる言葉をたくさん見つけられますように。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 20:58| 言葉 | 更新情報をチェックする