2019年09月26日

旅とノートと万年筆

米子鬼太郎空港と大山の間の交通についての続き)

 この旅行記を書くためのメモ帳として、デザインフィルのトラベラーズノートを持っていきました。

トラベラーズノート リフィル 無罫 2冊パック レギュラーサイズ 14247006
トラベラーズノート リフィル 無罫 2冊パック レギュラーサイズ 14247006

 トラベラーズノートは21センチ×11センチの縦長のノートです(レギュラーサイズ。他にパスポートサイズもある)
 片手でも持ちやすい形。

 革素材のカバーをかけるのが本来の使い方のようですが、「リフィル」として売られているものもノートのように綴じられており、それだけでメモ帳として使えます。
 画用紙、軽量紙、クラフト紙、横罫、方眼など種類が豊富です。私は無罫・MD用紙のものにしました。

 このノートに万年筆でサーッと素早くメモを取るのが気持ち良くて楽しかった! 万年筆のインクが切れた後、仕方なくボールペンで書いたら、ペンと紙の摩擦が強くて重い。こんなに違うものなのか…… 文豪が万年筆を使うわけだ。
 コンバーターに充分入れたつもりのインクが3日持たなかったので、次の旅行ではインク瓶かカートリッジを持っていこうと思います。

 ここまで読んで下さった皆様、ありがとうございました!!

(終わり)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:26| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

米子鬼太郎空港と大山の間の交通について

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その11の続き)

 このあたりは車社会のようで、一応電車とバスもありますが、本数が少ないです。
 今回の旅では、

☆米子鬼太郎空港と米子駅の間
 JR境線
 日ノ丸バス

☆米子駅と大山の間
 日本交通バス
 大山る〜ぷバス

 これらの時刻表を印刷して持ってゆき、ちょうど良い時刻のものがあれば乗り、なければタクシーを利用しました。
 大山る〜ぷバスは大山地区内での移動(桝水高原からまきばみるくの里)に使い、大変便利でした。

 車で動くのが当たり前の土地の道は、基本的に「車道」で、人が歩きやすいようには出来ておらず、少しの距離でも車に乗らないと危ないと感じることが多いです。散歩好きには残念ですが……
 大山は自家用車で来ている観光客がほとんどでした。でも車がなくても電車・バス・タクシーでどうにかなります。タクシー代を払うために、千円札を多めに持ってゆくのを忘れずに。

「旅とノートと万年筆」に続く)
posted by 柳屋文芸堂 at 19:02| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その11

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その10の続き)

 空港のおみやげ屋には鬼太郎グッズがいっぱい! タオルとノートを購入。











 レジの袋も鬼太郎だった。




↑母のおみやげにステッカーを買ったら、袋が可愛かった。

 塩と酢だけで漬けたらっきょうも買ってみた。甘くないらっきょうとは珍しい。

鳥取のらっきょう (塩)
鳥取のらっきょう (塩)

 空港のあちこちにあしらわれている鬼太郎キャラ。



 ↓ 真ん中を拡大 ↓



 出発ロビーにあるステンドグラス「妖怪たちの森」が特に素敵だった。



 自動販売機で飲み物を選ぼうとしたら、小さい容器のミネラルウォーターより、大きい容器のミネラルウォーターの方が安い。両方ともサントリーの天然水だ。んんー? と見つめ、ハッと気付いた。小さい方は「南アルプスの天然水」大きい方は「奥大山の天然水」私にとっては奥大山の方が貴重なので、そちらを選んだ。
 大山がすぐそばにある時間も、あとちょっと。

 飛行機に乗る時、通路の鬼太郎ラッピングをDちゃんが撮ってくれた。





 これから自宅に戻る疲れた客が多かったのか、機内は行きより静かだった。離陸に叫ぶ子供もいない。
 機内で、アニメの鬼太郎にも出てきた「すなば珈琲」のお菓子を食べた。美味しかった。
 この旅行記のためのメモを取っていたら、途中で万年筆のインクが切れてしまった。満タンにしてきたのに、ずいぶん字を書いたのだなと思う。

 窓の外には「天気の子」みたいなもこもこの雲。
 飛行機はその横をゆっくりと通り過ぎた。

(「鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜」終わり)

「米子鬼太郎空港と大山の間の交通について」に続く)
posted by 柳屋文芸堂 at 12:26| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その10

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その9の続き)

 タクシーで米子駅まで行き、JR境線 境港行きに乗る。この路線の電車はほとんどが鬼太郎キャラのラッピング車両だ。0番線から出るというのも洒落ている。
 ホームへ行くと「砂かけばばあ列車」と「こなきじじい列車」が来ていた。








↑今やっているアニメしか知らない人は「誰?」になりそう。

 鬼太郎たちのオブジェも飾ってあるし、写真をバシャバシャ撮りまくって、うっかり電車に乗り損ねるところだった。




↑大山のカラス天狗も。

 境港駅まで行きたいのをぐっとこらえて米子空港駅で降りる。電車は予定より数分遅れで着いた。飛行機の搭乗時刻ギリギリで予定を組んでいたら間に合わなかったかもしれない。余裕を持たせておいて良かった。

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その11に続く)
posted by 柳屋文芸堂 at 16:45| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その9

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その8の続き)

 次は「大山る〜ぷバス」に乗り、まきばみるくの里へ向かった。地図を見ると桝水高原のすぐ隣に書いてあるので歩いて行けるのかと思ったが、けっこう距離があった。
 まきばみるくの里は家族連れで賑わっていた。まずはソフトクリーム!



 暑いからすぐ溶ける。ぽたぽたしないよう大慌てで食べた。その後レストランでお昼。私は境港のカニを使ったパスタを頼んだ。



 ソースにカニみそが混ぜてあるのだろうか。うまみが強い。

 おみやげ売り場には白バラ牛乳グッズがいっぱい!
 白バラ牛乳は鳥取の大山乳業の牛乳で、関東でも成城石井などでは買うことが出来る。なんとなく他の牛乳より美味しい気がして、機会があるとよく選ぶ。
 私はこの牛乳パック柄のノートを買った。







 聖地巡礼した上での公式グッズなので感動もひとしお。

 外に出てみると、
「あっ! あれ境港じゃない? あの曲線が弓ヶ浜で……」



 ↓ 真ん中あたりを拡大 ↓



 晴れてきて、日本海が見えるようになった。タクシーを呼ぶと、30分かかるとのこと。景色を眺めながらのんびり待った。
 それにしても暑い! 全然避暑になってない。自宅のある埼玉は、もっと暑いのかもしれないが……

鳥取大山登山旅行記〜妖怪もちょっとだけ〜その10に続く)
posted by 柳屋文芸堂 at 10:37| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする